弱虫ペダル GRANDE ROAD 第21話「91番」

第21話「91番」

お友達をはぐれて偶然山頂ゴールまでやって来てしまった坂道ママン。
眼鏡いいんちょちゃんと知り合ってたのね。

いいんちょちゃんがザックリとインハイのおさらい。
小野田ママンはよく分かってないようだけど、恋バナはイケル口だったw
心を読んだのかと思うくらい的確でしたねw


富士山を自転車で登ってくるなんて信じられないママンですが、現在進行形でそのレースに息子さん出てますよ。

インターハイも知らないし、息子の部活も知らないしこの家は親子の会話が無いんだろうかと心配になるレベル。
これで良好な親子関係が築いているから不思議です。

男の子は大きな役割を与えられた時、成長する。
ママンの密かな期待は確実に現実になってます。

今泉VS御堂筋くんの下りバトルは熾烈を極める。
熱いというより御堂筋くんが怖いです(褒め言葉


ガードレールと今泉のわずかな隙間に頭をねじ込んでインを取ろうとする御堂筋くん。
捲ったパンツがどう見ても夏の小学生にしか見えないんだが・・・w

今泉くんにマシントラブル発生!?
フレームって割れるんだ~
これで御堂筋くんにゴールまでの予想図が見えました。

なのに左足が逝ったぁぁぁ!!

左足がダメなら右だけでこげばいい。
しかしゴール直前の幸せな色が見えちゃってます。

ここで石垣くんの言葉を思い出すのはいいですねぇ。
まだ無自覚で無意識ですが御堂筋くんもこのインターハイで仲間の影響を受けているんでしょうね。

御堂筋くんが壮絶にリタイヤ。
あとはフレームさえ持ってくれれば今泉君の勝利は確定。

え?風?これは来たなw
ここで箱学・真波くんが来ちゃいました。ゴッドハンドまだやる気だったのねw

今泉と御堂筋くんを捕らえていた坂道はどうした?
棚ボタで優勝はさすがに後味が悪いので残り2キロちょっとで坂道と真波くんの対決か。

箱学も来るんだろうとは思ったけど、インハイはもうお腹いっぱいだな。
そろそろマジで決着して欲しい・・・

スポンサーサイト