ユリ熊嵐 第6話「月の娘と森の娘」

第6話「月の娘と森の娘」

イジメ、かっこ悪い!
というわけで上げて落とされた紅羽に新しい友達が出来た?の巻。


紅羽のお母さんが残した最後の絵本の続きは紅羽自身が描く事になりそうですね。

紅羽と純花の出会い。
落し物を拾ってくれるというベタな出会いですが、特殊な環境では平凡な思いやりの方が心を打つらしい。

びしょ濡れで帰って来た紅羽と純花が完全に事後にしか見えないw

私はスキを諦めない。
透明な嵐によって紅羽の悪認定に異を唱えた純花。
全会一致が原則なの?どうも最初から紅羽がターゲットのようだな。


罠にかかってしまった銀子。
るるのベア・フラッシュ!で何とか逃げられたようですが、銀子はかなりの深手。
紅羽の家には戻らず公園で治療。見つからないのが不思議。

針島薫は誰かの指示で動いているようです。
ここまでの登場人物だとユリーカ先生が一番怪しいけど。


今回は銀子に連絡してきたユリ裁判トリオ。
あなたのスキが本物ならユリの花壇まで行け。そこで月の娘が待っていると。
取り合えず「それがセクシー」って言っときゃキャラが立つと思ってるんだろうかw


花壇の前では紅羽の誕生会の用意がされていた。
手にろうそくを掲げて集まるクラスメイト達の前で、純花はからの手紙を開封。

「今、目の前にいる娘が あなたの新しいお友達です」

内容が上手く飲み込めない紅羽。
それは純花が用意した最後のプレゼント。

別れの手紙だと上からドヤ顔で解説してくれる針島薫。
私たちはあなたの友達にはならない
二人は騙されたのよ。


紅羽を透明な嵐から守るためだと言って純花に別れの手紙を書かせた薫。
新しい友達にもならず、紅羽を陥れる。
ゲスいわー!


お誕生日おめでとう、椿輝紅羽さん!
コレは私たちからのプレゼント!

そういって花壇に火を放つ薫たち。
悪を排除し、悪とは友達にならず、悪を透明な嵐によって打ち砕いたと大演説をかます薫。
崩れ落ちる紅羽。


薫は純花からの手紙を奪って火に投げ入れ追い討ちを掛ける。
おめぇの席ねぇから!を思い出すあからさまなイジメです。

このタイミングでヒーロー?登場。
火の中に飛び込んで紅羽の手紙を拾う銀子。
さすがの薫たちも怖くなったのか逃げ出しましたね。

事態が飲み込めない紅羽。
銀子がくれちんをスキだからだよ!
だから銀子のスキを無駄にしないで!

るるから戻された手紙をもう一度開く・・・
「今、目の前にいる娘が あなたの新しいお友達です」

同じ手紙なのに言葉の重みが全く違いますね。
こちらが純花の本当の願い?

銀子の罪は食べられる純花を助けなかった事かな。

イジメを経て紅羽は新しい友達を見つけることが出来たんでしょうか?
Cパートの罪グマの話に絡んでトントンと上手く行くとは思えません。

紅羽を陥れようとする黒幕の存在などもありますし、もうひとつふたつ段階を踏む必要がありそうですね。

http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/3475-97ec3be8
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/4976-299136b5
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/2658-5ee156e5
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/2901-4f1866f0
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/61114990
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/3449-0298fcb2
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/33160919
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/2276-9acefec5
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/2445-a571e335
スポンサーサイト