ユリ熊嵐 第4話「私はキスをもらえない」

第4話「私はキスをもらえない」

閑話休題?るる視点で銀子とるるの出会いのお話ですね。
るるは壁の向こうのクマの国の王女様。

唯一の跡継ぎとして蝶よ花よと育ったるる姫。
しかし跡継ぎの王子が生まれ、るる姫の居場所は弟に奪われた。

弟を妬んでしまうのは仕方ない。しかしショタクマ王子はお姉たまが大好き。
こんな可愛い子に「キスしてー」とか言われたら辛抱堪らんだろ?w

『約束のキス』を取って来たらキスしてあげる。
お姉さまの言う事を聞いて素直に段ボール箱に入るみるん王子が可愛過ぎます。
「しねーーー!」
想定内の展開。邪魔者を排除して「でざいあー」

しかしみるん王子は約束のキス(ハチミツ)を持って戻って来た。
そして同じことを繰り返しても戻ってくる・・・王子生命力強過ぎ!軽くホラーじゃん!


しかし不死身()の王子は不慮の事故であっさり他界。
これでまた自分が一番。

一度王子に奪われた地位が戻ってもるる姫は満たされない。
他国の王子の求婚にも全くなびかない。
裁判クマちゃっかり求婚してたんかいw

銀子とるるがであったのは「ふわっと」一年位前w
結構レトロチックなお城だけどそんなに昔の話じゃないんだ。

王子のハチミツ壷を届けに来た銀子。
失った者を忘れたら、本当に失ってしまうよ。
最初から大嫌いで大好きだった・・・

スキを貰ったあの子に自分のスキを届けるために壁の向こうに行くという銀子。
銀子はスキを諦めない。
るるはもう約束のキスをもらえない。


相手が人間でも、自分を殺してしまうかもしれなくても、もう会えないよりは余程マシ。
銀子のスキを叶える事がるるの贖罪になるのかな。
失ってから気づく事って往々にして悲しいですね。

思い込みが激しくて妄想が暴走しちゃうけど、重い過去があったるる。
銀子が約束したのは紅羽のお母さん?
紅羽と銀子たちがつながって来ましたね。分かったようで全然分からんけどw

紅羽は全く立ち直ってません。
銀子とるるの気遣いに応える余裕はまだないかな。

スキを諦めない!キスを諦める。
これって何かのメタファーなんだろうなぁ。

http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/3422-80864b03
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/2887-60e9d04e
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/61043034
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/4934-a1a2603f
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/2615-9c84dd51
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/3769-7ec8855f
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/3435-01e2528d
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/33142259
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3941-3a32ce5c
スポンサーサイト