FC2ブログ

デス・パレード 第3話「ローリング・バラード」

第3話「ローリング・バラード」

今回のお客様は普通の大学生と記憶を失った女の子。
アバンの記憶がどう関係してくるのかしら。
黒髪ちゃんはデキムのお手伝いですが、ルール説明してねぇw
見た目に反してかなり飛ばすキャラですねw

二人ともクイーン・デキムに来た時の記憶は無く、女性の方は自分が誰かも分からない。
しげるは彼女に一目惚れ?
デキムはゲームが終われば名前も思い出すでしょうとしっかり誘導。

彼女に協力する形でゲームスタートです。

ルーレットが選んだのはボウリング。
二人の心臓を模した(内包)したボールがグロいですね~
しかも生温かい。彼女のボールに指を入れてドキドキしちゃうしげる。若いなぁーw

シンプルに倒したピンの数で勝負。
今回は普通にゲームを楽しんで、和やかな雰囲気で黒髪ちゃんも安心です。
しかしこのまま思い通りに行かないと意味深な事を言い出すデキム。
言葉足らずなデキムに「言え!」と詰め寄る黒髪ちゃん。いいコンビだな。

薄っすらと記憶が戻りつつある。どこかであった事がある?
自分が勝ったらデートして欲しいとしげるは意を決して彼女を誘う。男前だなぁ!
彼女もそれを了承。

どんどん記憶が甦って来ますねぇ。
彼女の名前はちさと、宮崎ちさと。子供の頃の引っ越して行った幼馴染。

再会を喜びゲームを続けますが、中途半端に甦る記憶。
ボウリング場で見かけた彼女。友人に何か囁かれ驚くしげる。
バスの中で話しかけた瞬間に事故ですか~
しげるはすべてを思い出しましたね。

ゲームは進み、裁定とデートが掛かる最後の一投。
ちさとの方も自分の記憶に違和感を感じ、すべてを思い出した。
自分が本当は何者なのかも思い出したんですね。

すべて分かってる。
デキムの状況説明が端折られたw

すべて分かっていて改めてデートを申し込むしげる。
しげるに惚れるわ!

僕たちにデートをする時間をください
5分ほどでいいですか?
短っ!

デキムのジョーク。じょ、冗談言うんだね(アセ

実は彼女はちさとを見送った時に居たもう1人の幼馴染のまい。
手術した事も忘れてたのか。ちさとに憧れて自分もあんな風になりたいという想いが記憶を混乱させたのかな。

ずっとしげるが好きだったけど、容姿がコンプレックスで離れてしまった。
人生を諦めたくないと整形。
しげるがボウリング場で見かけたのは整形後のまいちゃんだったのか。

しげるの察し能力すげぇな。そして何度も言うが男前だw
ぶっちゃけ記憶の彼方の可愛いかった幼馴染より、少々見劣りしても近くにいて慕ってくれる子の方がいいよね(ゲス顔

デートを楽しむ二人。そして裁定。
二人とも転生EDだっ!こういうパターンもありなんですねぇ。
(という事はどっちも虚無EDもありか・・・)

エグい展開を覚悟して見ているのでこういう変化球はホッとします。
早い段階で(一応)ハッピーエンドなお話を入れてきたので、この先は胸糞しかないんだろうかと不安になりますけどねw

スポンサーサイト