弱虫ペダル GRANDE ROAD 第13話「激走、山中湖」

第13話「激走、山中湖」

箱学に追いつくために前に出る3年。
1年へのオーダーは坂の手前まで3年生の背中を見守る事。

3年の走りに圧倒され、チームに何も貢献できなかった、これで自分たちのインターハイは終わったと既に終了モードの今泉&鳴子。
相変わらずメンタル弱泉だよなぁ。鳴子まで引っ張られてるよ。

そこはいい意味で空気を読めない坂道が3年生は僕たちに「強くなれ」と背中で語っているんだ!と感じてテンションあげあげ。
チームの雰囲気が変わり持ち直す。
背中で語るのはいいけど相変わらず実戦で教え込むスタイルはバクチだと思うのだけど。

なんだかんだで箱学を捕らえたよ~
何とか並んだけど総北を引き離したい箱学はペースを上げる。

ブースト新開怖いえぇぇ!完全に逝ってます。
普段が一応イケメンキャラだけにここまで崩していいものかちょっと心配になるレベルですわ。
(絶対鬼じゃないと思う・・・)
街道で写真撮ってる人がいたけど後で見たら絶対ホラーだよ。

スプリンター最後の仕事。田所っち3年間の集大成です。
山中湖畔の最後の直線。坂の手間まで最高のポジションまで運んでやる。
お約束の回想で終わった感満載です。

田所の背中は鳴子にチームを強くしろと語る。鳴子もその思いを受け取ってるんだろうね。感動させようとする演出がクドくて意外と泣けなかったなぁ~

本当に追いつき、坂の手前までチームを運んだ田所は一人列から離れ、後を託す。

箱学は東堂、真波くんのクライマー二人がゴッドハンドを引っ張って飛び出す。

総北は本来ならここで巻ちゃんがエースの金城を引っ張って飛び出すはずなのに・・・
ここで金城がまさかの「膝に矢を受けてしまったな」状態。
大丈夫だ、問題ないは問題ありフラグだもんなぁ。

諦めたらそこで試合終了。
金城が無理をして出るのか、はたまた残りのチームメイトに託すのか。
1年生にもチャンスがありそう。つか残りは山しかないんだから主人公が頑張るしかないよね。

Cパートは久しぶりのオタ泉くんw
どんどん崩れるクールキャラ。
ラブヒメでノリノリの坂道が可愛いなぁ。

スポンサーサイト