蟲師 続章 第16話「壷天の星(こてんのほし)」

第16話「壷天の星(こてんのほし)」

ゴシックホラーなお話。
広い家に1人で住むイズミ。外はずっと夜のまま。

しかし見えない誰かがお世話はしてくれているよう。
人形を隠す遊ぶにも付きあっいてくれる人もいる。
子供の順応性の成せる業か一人の家にも慣れてしまっているようです。


すわ、蟲の仕業か!現実で井戸に落ちたイズミはあっちの世界に捕らわれてました。
井戸の底は光脈がぶつかり合うところ。光がぶつかり合い星のように見えた。

井戸の底の星に魅せられてしまったイズミ。
姉のミズホの心配を他所に井戸を覗き込んでいたら落ちてしまったと。

姉は家の中に妹の気配を感じ、母は藁をも縋る思いで蟲師に頼る。
父の方は死んだとは思いたくないけど、半分諦めてるんじゃないかな?
いなくなった時にミズホに「お前と喧嘩して出て行ったんじゃないか」とか言うのはちょっと親としてどうよって感じ。

命の生まれる場所。光脈は居心地が良い。
記憶を無くし、帰る場所を思い出せないイズミを連れ戻すために同調するギンコ。
いきなり知らないおじさん(失敬)がやって来たらそりゃ逃げますよねw

記憶を取り戻せば戻れるかもしれない。
下準備を済ませ、母と姉に指示をして再びイズミと同調するギンコ。

井戸から煙が上がったら呼びかけてくれ。
小さな空から自分を呼ぶ声にイズミは本当の居場所を思い出すことが出来ました。

井戸の底の星が少しずつ減っている。
光脈がずれてきているのだろうと説明するギンコ。

二度と同じ事が起こらないように井戸を埋める父。
井戸の神様の息が苦しくないようにと竹を立てるんですね。

夜中に目覚めたイズミはまた井戸へ。
竹から漏れ出る光に手を伸ばしたけど思い留まりました。
これでまた連れて行かれたらどうしようかと思ったわよ。

光脈はやはり魅力的なものなんですね。
戻って来れたのはきっととても運が良かったんだと思います。

http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/2064-81051eca
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/3389-ca15eb37
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/60700654
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2628-8f2f4c1d
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/2143-13c07ec8
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3938
スポンサーサイト