グラスリップ 第12話「花火(再び)」

第12話「花火(再び)」

こ、これはどこの世界線の話でございましょうか?w

地方に工房を持つという父について日乃出浜に引っ越してきた透子。
駅で転びそうになったところを助けてくれたのは駆。
駆が地元民になってます。

花火を見に来たのかと聞かれたが、透子は花火大会だと知らなかった。
そのままカゼミチでみんなに紹介される。すごく唐突に話が進んで行きますね。

神社で落ち合って一緒に花火を見る約束をして、透子は一人で町を散策。

祐が去っちゃんを好きなのは変わらず、祐の部屋に突撃する百さんのテヘペロも変わらないw
個々の行動自体はあまり変わりがないようですが・・・

ロードワークに出掛ける雪哉が足を故障していないようで、やなぎも気楽に送り出してますね。
沖倉家と深見家もいきなりお家に招待する仲になってるしどういうことだってばよ~
しかし陽菜ちゃんの可愛さはどこでも変わらないなw

熱が出て花火大会に行けなくなってしまったさっちゃんは迎えに来た祐と家から花火を見る。
神社で幸成とやなぎを見つけ、声を掛けた透子。
しかし二人は透子のことを知らない? 芝居?ドッキリ?混乱する透子。

二人と別れてさっちゃんを見つけたが、まるで透子のことが見えていないように透子を華麗にスルー。
風邪で家にいるはずなのにどうして神社にいるんだ?
これが「唐突な当たり前の孤独」って事なんだろうか。

花火が始まっても戻って来ない雪哉をやなぎが見つけて神社には行かずに花火を見る。じゃあさっき神社にいたのは誰だ?
こっちが混乱して来るぅぅぅ!

不安で泣きそうになる透子を見つけてくれた駆。
駆だけは透子を覚えていた。
これは透子の未来の欠片の世界?

ここにいるみんなは現実世界からの投影。
何か事情があって集まれなかった世界。これは透子の作り出した世界って事?

ピアノの演奏の間違う世界に飛ばされていたようですね。
透子の見た未来の欠片の説明は最終回で明かされるんでしょうか?
ここまでも相当分かり辛い話でしたが、最終回が全く想像できないw


http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/10693-bef7de58
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/2223-ca0cc9f3
http://azuki.hina15.com/summer-2014/glasslip/glasslip-12/trackback/
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/60340147
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/2934-64ec7f1c
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/1831-d2203eef
http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1125-f23e1919
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51937663.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/trackback/80586/13348778
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3851-6861dce5
スポンサーサイト