幕末Rock 第10話「脱退(ソロデビュー)!もう一緒にやれねえ!」

第10話「脱退(ソロデビュー)!もう一緒にやれねえ!」

Rockの認知度は上がり、着々とファンを増やしていく龍馬たち。
しかしそれを阻止するかのように井伊様のロッカー粛清は過激になっていく。

ロッカー同士のコラボ。自由團のメンバーに誉められて舞い上がっちゃう高杉がチョロ過ぎる。

天歌の人気は下降。井伊様は再び天歌での泰平化を進めるために外国から巨大拡声器を購入。
拡声器で流せば何とかなるものなのか?なんか違うよなぁ。

Rockによって人々の天歌での泰平化(洗脳)は解け始めたが、Rockに関わった人々が幕府の取締りの対象となってしまう。
音楽なんて好みの問題だからそこは住み分ければいいのにって正論はこの作品には野暮なんでしょうねw

違いの分かる美少年=上様は井伊様の行き過ぎたやり方をやんわり諌めるが効果なし。お飾り上様だよなぁ。
井伊様は超魂の発動を阻止しようとしているけど、そもそも超魂って何?

Rockが人々に受け入れられるのは嬉しいが、その事で不利益を被る人々が出て来た。
それを見た龍馬が自分の目指していたものと、自分たちがもたらした結果のギャップに迷い始める。 まぁ誰かが得をすれば誰かが損をしているわけで、皆が幸せにってのは難しいですね。

京でもロッカーの取締りが強化され、自由團のメンバーが捕縛されたと知らせが入る。
一気にチョロイン化した高杉は幕府への怒りを露に対し、全く熱くなれない龍馬。


土方、沖田を失い、弱体化した天歌を盛り上げるために井伊様はが次に立ち上げたのが『正義隊(ジャスティス)』
昔のジャニ系かwwwすごく二軍臭がしますw

超魂團はまたまた雷舞に乱入。すごく迷惑です。
新人アイドルくんたちにロッカーからの洗礼。悲しそうなジャスティスくんたちを見て歌うことが出来なくなってしまった龍馬。

演奏が止まった所ですかさず歌い出す正義隊。新人君もなかなかに強かである。

お役人が乱入して逃走といういつものパターンですが、高杉は腑抜けた演奏をした龍馬に激おこ。

お前とはもう一緒にやれねぇ!
高杉は龍馬が抱えている気持ちを理解できず、かくなる上は井伊を・・・とピストルをチラつかせて一人で去ってしまう。
それ小物がすることだから!

自由團て一回コラボしただけの相手じゃないの?それだけでここまで感情移入できる高杉の方に違和感感じるわ。
シリアスになってきたけど薄っぺらいなw

スポンサーサイト