FC2ブログ

幕末Rock 第5話「泰平化(ピースフル)!ヘブンズソングヤバいぜよ!」

第5話「泰平化(ピースフル)!ヘブンズソングヤバいぜよ!」

先生の片魂が覚醒したでござる。

御用改め祭りかしら?
天歌以外は認めねぇーと御用改めのラッシュ。

雷舞のために遠征する龍馬たち。
総ちんは一人井伊様に呼ばれて、泰平化を進めるために新曲を頂き単独雷舞決定。
楽譜からヤバそうなオーラ立ちまくってるけど大丈夫か?いや、マズイよね。

行き先はどちらも彦根。
龍馬たちを迎えてくれたのは、かつてお登勢さんと一緒に「天使のユニット」を組んでいたお発勢さん。
二人はタマキュア思い出した・・・

彦根は井伊様のお膝元。当然、町には天歌しか流れないわけですが、町の人々の様子がおかしい。

道端でノラ雷舞を始める龍馬たち。彦根は幕府の手が回っていないとでも思っているんだろうか?相変わらず状況を考えてないな~
しかし役人が走ってくるどころか。虚ろな目をした町民は完スルー。
先生の分析では一種のトランス状態ということらしいが、完全に洗脳じゃね?

どこからか聞こえてきた天歌にゆる~くノリノリになる人々。気持ち悪いですわ~
歌の主はリハ中の総ちん。

鳥が羽ばたくようなダンス()を披露。やっぱりマントは最強だね。
そして何故か演奏中に抜刀&禍々オーラ。妖刀っすか?
中てられた高杉が倒れ、ここは一旦退却~意外とピュアなシンディw

先生の分析によると、総ちんが見せたのはフェニックスダンス。古事記に書いてあるそうな。どこの古事記だよ!

違いの分かる美少年から総ちんの雷舞の情報を仕入れた龍馬たちは早速会場へ。
先生が本を売ってまでチケットを手に入れたが、持ち物チェックで引っ掛かったよぉ。
原因は蓄音アナライザー?録音して分析しようってことね。分析するために聞いてまた倒れそう。

魂の抜けた観客を前に総ちんのソロライブが始まる。バックダンサーはもう少し何とかならなかったのかw
新撰組の歌は好きだが、目の前の状況に納得出来ない龍馬たちは毎度の如く雷舞に乱入。

龍馬たちを見つけた総ちんはステージ上で抜刀し本気の攻撃。
こんな大騒ぎになっているのにトランス状態()の観客が構わずサイリウムを振り続ける絵はシュールだな。

片魂を発動できない先生は仲間のために捨て身で総ちんと向き合う。
ドラムセットを前に自分に何が出来るのかと迷う先生にパッション松陰の言葉が甦る。

ロックで洗脳を解く龍馬たち。
そんな中で先生の片魂が覚醒。松陰先生に試されたと感じたようですが、そこまで策士なのか?

井伊様には人々を洗脳してまで泰平化が必要な理由を100文字以内で提出していただきたいわ。

スポンサーサイト