幕末Rock 第1話「「片魂(ピースソウル)!ロックやるぜよ!」

第1話「「片魂(ピースソウル)!ロックやるぜよ!」

ものすごく強烈なアニメが始まりました。

幕末版うた☆プリなんて甘いもんじゃなかったw
ストーリーは幕末の史実を改変、政治を音楽に置き換えるようですが、歴史上の人物もここまで弄られるとは思ってないだろうな~

ワシの歌を聴くぜよーーー!
どこの歌姫かとwww

舞台は後の幕末、京の都。
武士が愛獲(アイドル)やっちゃってるという時代。
幕府が認める愛獲が歌う天歌(ヘブンズ・ソング)しか認められていない時代のようです。

そこにRockで切り込んで行くのが赤頭の主人公・坂本竜馬。
モジャモジャの偉い人(中の人の無駄遣い)に認められ、ギターを貰い受けた主人公は自分の歌を聞いてもらいたいと京にやって来た。

最高愛獲・新撰組の熱狂的なファンの真っ只中に飛び込んで
「ワシの歌をーーーっ!」ってやっても相手にされるはずないよね。

新撰組の雷舞チケットをゲットすべく、グッズを買い求める女の子たち。
どこかで見たような商法だわね~

竜馬の連れの弥太郎がオーディション(もう変換めんどい)の話を持って来てくれたが、紹介状がなくて門前払い。
ギターをくれた自称・偉い人に紹介状を書いてもらおうと、京の町を探し回っていたところに因縁をつけてきたのが高杉晋作と桂小五郎。
因縁つけたのは高杉だけだけどw

桂に竜馬の歌はロックだなどと教えてもらっているうちに新撰組登場。チーム藤堂や。
天歌以外認めない。関係の無い女の子(にはむしろご褒美だけど)まで捕えようとする新撰組に反発して歌い出す。
いきなりギターかき鳴らして歌い出したら下に歌詞が出てワロタw

松下村塾がロッカー養成所だったとは・・・
なんか竜馬さんはピースソウルとかの持ち主らしく、歌い出したらソウル発動!
竜馬の胸に刻印が現れ、光を放つ。もうこの辺で置いていかれてる感がすごい。
さらに竜馬に歌に感化された高杉と桂はベースとドラムセットを召喚。どういうことだってばよ!


はい、ユニットの完成ですね。
何で服が破けるかな~桂さん、何故胸隠したw
ツッコミが追い付かねーよ!

中二病拗らせたみたいな井伊直弼が何か企んでいるようです。幕府側にもピースソウルを持った人間がいるんだな。
土方か沖田ってトコだろうね。

歌うま声優集めましたね~
きーやん、たっつん、森久保って最強ですやん。
こりゃキャラソンみなぎるなぁ~

EDが肌色~脱ぎ過ぎだろ?
ゲームの公式HPを見たら、歌うと脱ぐ(服が裂ける)のは仕様だったでござるw


スポンサーサイト