弱虫ペダル 第24話「震える泉田」

第24話「震える泉田」

アブーアブーアブアブ筋肉パーン!どういうことなの?w
加速する泉田に追いつけない鳴子と田所っち。
本物やでーってまぁ強豪箱学のレギュラーでインハイ出でるくらいだからそれ相応に強いだろう。

コイツ!単なるまつ毛やないでー!!
ウン筋肉フェチまつ毛だねw

後ろは団子状態でスプリンター勝負の様子見。
泉田のデータがほとんど無く警戒する主将さん。いろんな意味で只者じゃないのは正解ですw

先頭を走る福富がわざわざ後退して金城に「俺は強い」と宣戦布告?
去年のインターハイでの事故から精神も肉体も鍛えてきた。俺の考えた最強チームで改めて勝負しようとという事らしい。
金城と福富のトラブルの件はもういいよ。ちょっとしつこい。

お前いい体してるな。自転車は足で回すものじゃない。
一旦自転車に乗る事を辞め、ペダルを回すために必要な背筋と腹筋を極限まで鍛え上げた泉田はインハイメンバーに選ばれる。
トレーニングシーンしかないのでちょっとチートくさいな。

何回聞いても胸筋に名前付けるのはどうかと思うわw
自分好き過ぎだろw

ファーストリザルトを取れると確信して笑い出しそうになるアブ先輩。
福富は泉田を目標を決めたらそれに向かって愚直なまでに努力すると評価してますが、結構天狗になってんぞ。

チーム戦なのに何も協力しない田所と鳴子。意地がぶつかり合う事で相乗効果を生むんでしょうがチームとしてはどうなの?と思いますね。

隠し玉は無い!と言い切っていた二人の隠し玉。
鳴子はボトルを捨て、ジャージをしまって極限まで空気抵抗を抑えてロケットなんちゃらで加速。
田所はその肺活量を生かして全身に筋肉を動かす酸素を送り本気の走り。肺活量8500って化けもんやなw

二人の走りを見て舐めてましたーと謝ってジャージを締めた泉田。最初から締めとけよって話ですけどねw
残り400mが勝負か。

レースよりまつ毛のインパクトがすごい。
二人に謝罪する時の芝居がかったポーズが笑えて仕方なかったです。
イチイチキラキラすんなよw

ブラックコーヒーで大人ぶる鳴子。中二病か?オチが見えたわ。
アフリカンて・・・w
何でもすごいね~と言う坂道が素直過ぎるwコリャ可愛がられるわけだw

自転車ってしんどくないんかな?みんなしゃべりすぎやでー


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/59352265
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8545-bf90422c
スポンサーサイト