FC2ブログ

凪のあすから 第24話「デトリタス」

第24話「デトリタス」

紡さん、男らしいわ。
前もちさきを海に例えていましたが、一緒に暮らし、海のことを知って前よりもちさきのことが分かるようになった。
ちさきの気持ちが自分に向いている事も感じていたのか~さすが達観少年!大きくなってもそこは変わらないのね。
普段はあまり感情を外に出さない分、強引にちさきを抱きしめたシーンの破壊力は抜群でした。

紡の事など好きじゃないと逃げ帰ったちさきですが、紡と過ごした5年間の想いが甦ってくる。
ちさきは自分が変わってしまうことが、時間が止まったままの汐鹿生の人たちを裏切るように感じてしまったいた。
たった5年・・・光たちとは生まれたときから一緒だったのに。
人を好きになる気持ちに時間は関係ないでしょ。ちさきは義理堅いですね~

だから光以外は好きにならない。好きになっちゃいけないと紡ぐへの想いに気付かないようにしてきた。 ちさきの気持ちが自分には向かないだろうと感じながら、ちさきの吐き出す気持ちを受け止めようとする要が切ないわ。

アキラ、一世一代の告白も撃沈(´;ω;`)
「まなかだいすき」幼稚園で書いたお手紙をまなかに渡すが、好きという気持ちが分からないまなかは返事もせずに逃げ出してしまう。
振られたわけじゃないからね、アキラ頑張れ~

まなかの中で騒ぐ波の音は漂う想いの欠片って感じでしょうか?まなかの失くした気持ちに反応しているのかな? 

美海に助けられてばかりだと礼を言う光。らしくないと光を見つめる美海の視線が色っぽかったな~
自分が傷つくとしてもまなかの記憶を取り戻そうとする光の気持ちを優先して、光に好きだと悟られないように振舞おうとする美海が健気です。

まなかのペンダントが赤いウミウシの吐いた石だと知った紡。男同士の話だと光と要だけを連れてどこかへ・・・ 紡の誘い方が上手いなぁ~w

着いたのはうろこ様の仮の社。もう一度呪って欲しいって何を言ってるんでしょう?
うろこ様をこちらのペースに巻き込むためか。

もう一度おふねひきをやる。
まなかがおじょし様として捕えられていた間は海も穏やかだった。

またまなかを生贄にするのかと反対する光。しかし紡が沈めようとしているのはまなかの思いの詰まった石の方。 エナが出来た時にいろいろな想いが漂っているのを感じた紡。その中にまなかの想いも感じたようですね。

ウミウシの石を沈めて海神様がまなかが戻ったと勘違いしてくれればいい。
紡の考えに乗って協力を約束してくれるうろこ様。やれる事をやった方がいいと要も賛成。

おふねひき再び!
どんどん集まってくる人々。街を出た人たちも戻って来て5年前のおふねひきのような盛り上がりを見せていますね。

まなかがおじょしさまになっていたんだから、次はわたしが・・・
ちさきさんは何を言っているんでしょうか。だれも犠牲にしないためにウミウシの石を使うんでしょ。

光たちが戻ってきたことで、ちさきは自分だけが冬眠しなったことに負い目を感じているようですね。
一番変わりたくないと思っていたちさきが真っ先に変わってしまったけど、それと自分が犠牲になるのは違うでしょう。それは逃げですって。

ちさきの考えを否定する紡。その会話を聞いてしまう要。さらに要のつらそうな顔を見つめるさゆ。
ストーカーで連鎖起こるかと思ったわw

しかしこの後のさゆと要のシーンは良かったですね。
遮断機が下りるところは要に自分の気持ちが届かないと思っているさゆの気持ち。
届かないと感じていても自分の気持ちをぶつけるさゆ。一旦電車の遮られて要の気持ちがリセットされ素直になれましたね。


遮断機が上がるところはもちろん二人の心の隔たりが無くなったことを表しているんでしょう。
表情ひとつ、風景も演出もすごく印象的でした。

地上に戻っても自分を待っていてくれる人などいないと思っていた・・・
要はさゆの中にいた。待ってくれる人がいたことで要は蚊帳の外という疎外感から抜け出す事ができそうです。
まずはお友達から? 要さんの件はこれで解決かしら?

好きな気持ちがどんなものか光に尋ねるまなか。好きな人いる?って記憶は無くても結構キツイ質問してきますねぇw

おふねひきでまなかの大切な気持ちは戻るんでしょうか。
二度目のおふねひきが楽しみです。


http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/1519-0a832dfc
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/59329314
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/32158767
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/2263-f4d58369
http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/256-bcfa1f2a
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/1591-8dd443b4
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1564-9182c2fb
http://loveboy25.blog.fc2.com/tb.php/3514-6da6495c
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8530-236bf61b
http://aniraziseiyu.blog.fc2.com/tb.php/52-8585ea2f
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/9957-89525992
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsux2/51915138
http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/2850-d269ff3c
スポンサーサイト