FC2ブログ

宇宙兄弟 第97話「消えないんだ」

第97話「消えないんだ」

南波一家はヒューストンで初めての正月を迎える。
ニャンボのDVDは不発らしいw

安定のうどん!南波家は年越しもうどんなのね~
お父さんのものまねリストにルフィが入ってるんですけどwそれはお母さんの方がいいかとw
ムッタがサンジのモノマネすれば完璧じゃんw

一人月を眺める日々人。パニック障害克服試験をクリアしたのに、次のミッションにアサインされる気配が無い。

「消えないんだ・・・」
パニック障害を克服しても「パニックを起こした宇宙飛行士」という事実は周りの頭の中から消えない。

行き詰っている日々人の上手く声を掛けることができなかったムッタ。
自分や日々人のことだけならまだしも、周囲の目となるとムッタ一人の言葉で何とかなることではない。
お兄ちゃんとして難しいところです。

キャプコム訓練に向かうムッタ。せりかさんはISSのキャプコム訓練。
近くで訓練できる喜びを噛み締めるムッタの目に飛び込んできたのはゲイツに何かを訴えているバトラーの姿。
これは気になりますね~

ムッタの訓練指導はダミアンです。宇宙飛行士のストレスを考えて声を掛けるタイミングひとつにも気を遣う。
これは日本人向きかも~ドレットド・フィリップとか絶対無理そうw

NASAでは日々人を復帰させるかどうかの会議。

樽いっぱいのワインにスプーン一杯の汚水を注げば、それは樽いっぱいの汚水になる。
日々人は樽いっぱいのワインに注がれた毒?毒は言い過ぎでしょう。

努力して克服したのに報われない。
他にも宇宙飛行士が控えているのにあえてリスクを負った日々人を使う必要はないと言うゲイツの言い分も分かります。
ゲイツの場合は日々人の邪魔もしていたし、単に嫌いなのか?と思わせるんですけどね。

大丈夫と言われて毒入りワインを飲めるかという問いに答えられなかったバトラー。

呼び出された日々人。室長の「座って話そうか」は相手にとって良くない結果を伝えるときに使う気遣いじゃないですか!

宇宙飛行士として復帰できないのではないかと察していた日々人。
なんとかなると言ってやろうと決めていたムッタですが、言葉をかける機会を逃し、日々人は姿を消してしまった。

日々人~どこ行った?まさか父ちゃんと母ちゃんとラスベガスで遊んでいるとは思えない。
不運なムッタの比べたら日々人は順風満帆だったからな~今回のパニック障害が最大の修羅場。
メンタルが弱いとは思えないけど心配ですね。

NASAがダメならロシア行けばいいじゃん。オリガもいるしさ。
そういう問題じゃないか?

終わりが近いからかヤケに懐かしい回想が入ってましたね。


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/59258501
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52382345
スポンサーサイト