宇宙兄弟 第95話「俺らの将来」

第95話「俺らの将来」

アバンはベティの回想。
地球儀が欲しいと言う息子に嬉しそうなベティ。

バラバラだったバックアップクルー達もエディが参加した事で落ち着き始めたようですね。

日々人の事故とパニック障害克服について語るムッタ。
焚き火を囲んで深いい話?

次はベティの番。
ベティについてムッタだけが知らない事がある・・・

エディに促されて話し始めるベティ。
8歳になる息子・クリスがいる。タトゥーのCはクリスのCでしたか。
出産と育児のために宇宙飛行士を退いていた時期があり、まだ宇宙へ行ったことが無い。

ベティの夫はタック・ラベル。ISS乗船の経験もあり、実力のある宇宙飛行士のようですね。
旦那と過ごす休日は今のベティからは想像もつかないほど落ちついて可愛い奥さんじゃないですか。
マジでメシマズ嫁だったのかw

両親が宇宙飛行士なんだから息子も宇宙に興味を持つかも。
夢はアストロノーツファミリー。

順風満帆だった時期に起きた事故でタックは帰らぬ人となってしまう。
ブライアンと同じCES-43の帰還事故で亡くなったのか~
エディとベティって大切な人を同じ事故で失った者同士だったのか。
ブライアンはいろん人を繋げてくれるなぁ。

夫を失ってもう宇宙飛行士に戻る事はないと思っていた。
事故から3年ほど経って、クリスがまた宇宙に興味を持ち始めた。
父親の代わりに息子の質問にちゃんと答えたいと復帰したんですね。
親も親戚も反対する中、クリスだけが賛成してくれた。ベティにとってはそれだけで十分だったんでしょうね。

雑誌のインタビューを受ける正規クルー。
一番古い宝物は?という質問を振られたビンズ。
アレは宝物ではない、宝物を思い出すためのただの道具。

ビンスさん超かっけぇ!
ビンスにとっては失敗したロケットの欠片はピコやリックとの思い出。
3人で宇宙を目指していた日々が一番の宝物か。これは惚れるわ。

デザートラッツでの最後の訓練は正規クルー達と合同。
思い出を語ったところでピコ登場w

新型月面着陸船の開発・指揮を取ったピコが説明役。
月での着陸&帰還に使われるアルタイル。
ルナモジュールを発射し役目を終えたアルタイルの着陸ステージは着地地点で放置するしかなかった。
これにタイヤを付けたスティッチを加え移動できるようにしたのが新型。
宇宙飛行士は月面に降りずに基地まで移動でき、残された着陸ステージを一箇所に集める事が出来る。
月面にゴミを放置するのいくない。 着陸地点の確保にもなるし当然必要となってきますね。

仕事を終えて一杯。ピコは昼から飲んでるけどw

ビンスやピコが誓い合った将来の夢が叶う。しかしそこにリックはいない。
代わりに管制室からビンスを誘導するのはキャプコム担当のムッタ。
やはり二人にとってムッタはリックと重なって見えるんでしょうね。

ベティの堀下げをちょこっとやりましたが、これで今までの態度が変わるとは思えない。
ムッタの接し方も特別に変わるとは思えない。
ムッタはありのままのベティを受け入れるんでしょうね。

今日は詰め込んできた感じだったのでヒビットはなしw
引きのぶつ切りは何とかして欲しいなー


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/59180155
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52381532
スポンサーサイト