ぎんぎつね 第7話「神社とお寺」

第7話「神社とお寺」

狛犬を見たいというハルのために街を歩くまことと悟。
他の人には見えないけど、ハルはもちろん銀太郎まで引っ張り出されてるw
銀太郎様が迷惑そうだw

途中で出会ったのはユミの彼氏の将平くん。お寺さんの子だったんですね。お弟子さんも取ってかなり大きなお寺です。
ユミちゃんの・・・と言っただけでお察しの悟。今回は全体を通して悟が顔芸キャラになってるw

将平は末っ子長男姉3人か・・・いろいろ大変そう。でもユミちゃんはすっかり将平の家族と仲良しみたいだし、賑やかで良い家族ですね。

実はこのお寺は「出る」らしい。お弟子さんの一人がビビリ過ぎです。

仏具が倒れたり、風もないのにロウソクが消えたりする不可思議なポルターガイスト現象は小猿神使の仕業。
まことは神使と見れば何にでもデレデレですね。

人と話したことが無い小猿の吹ちゃんと風ちゃん。初めて自分達が見える人間に出会った大はしゃぎです。
面白くないのがハル。
小猿神使を相手に追いかけっこ。面倒くさいとぼやいていた銀太郎の堪忍袋の緒が切れたかな?

寺は元々神社があった場所に間借りしているが、寺の方が大きくなり宮司もいなかった事からそのまま寺が管理しているんですね。
住職である将平のお父さんは強面ですが、神も仏も同じように大切に奉っている。こういう人の話聞きてぇ~

吹と風がいたずらするのは寺に来る人を元気付けようとしていたんですね。
お寺ですからどうしてもご葬儀訪れる人が多い。辛気臭さを紛らわすためにいたずらをして笑ってもらおうとしていたのか~
でもまだ子供だからさじ加減が分からないんですね。叱られて反省したけどいたずらがは止められないらしい。

笑顔でいることは先代神使のじっちゃんの教え。
勝つ神猿(まさる)。笑っていなけりゃ誰も勝たせる事はできない・・・
じっちゃんがエライ渋いなぁ(沖田艦長で再生されるw)
百戦錬磨みたいな風貌はボスザルだったんだろうか?

まことは猿の神使の話を伝えました。信じてくれたかどうかは分かりませんが、何がいても気にしない将平の家族の懐のデカさが良いですね。

悟の話が落ち着いて閑話休題でしたね。
ハルだけでも相当なのに小猿はその上を行く騒がしさでした。
うるさ過ぎてちょっと頭痛い・・・再登場は勘弁願いたいです。
でもじっちゃんは渋くて良いんだよな~w


http://mugimugimugichiya.blog.fc2.com/tb.php/182-434bb78f
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2371-554b9597
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/3873-43c51bb4
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/1291-87a6577e
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/3842-7498bc74
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58599326
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/31959547
http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/824-f0815b7a
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1827-6fa14b24
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8285-8cd3475d
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/4076-dffc3e35
スポンサーサイト