<物語>シリーズ セカンドシーズン 第18話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ貳」

第18話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ貳」

忍の過去語り。
最初の眷属を作ったときのお話。

絵巻物風の背景をバックに忍のほぼ1人語りという形式で過去が語られていきます。
なかなか斬新な演出ですね。普段から語りの多い作品ですが、今回はまーや大変だっただろうなぁw

話は400年目に遡る。
オーロラなどを見るために南極を訪れていたキスショット。
しかし南極には人がいない。噂の域であっても人に認識され無ければ存在できない怪異の性質上、南極では自分の存在が無くなってしまうと感じたキスショットは南極を脱出。
ジャンプひとつで南極の大地を削るって、最盛期のキスショットさん凄すぎます。

さして考えもせず飛び立ち、たまたま見つけてたどり着いたのが日本。
そしてたまたま落ちた湖の水を跳ね上げ、干ばつに苦しむ周辺の集落に恵みの雨を降らせたことで「神」として崇められることになったと。

自分で社を建て、たまに雨を降らせたりしながら、しばらくは暇つぶしを楽しいんでいたキスショットの前に現れたのが後に最初の眷属となる男。
心渡はこの人の刀。もうひとつ夢渡という小太刀があるらしい。こちらは怪異を生かす刀。これも後の物語で出てくるのかな?

便宜的に初代怪異殺しと名付けた眷属は代々妖怪退治を生業にしてきた一族の末裔。
神が降臨したという話を聞いて調査にやって来たようです。
キスショットに対する人々の認識は怪異や妖怪ではなく神。特に対立するわけでもなく、たまに話をして帰って行くという関係。

そこに人が消えるという事件が発生。
消えた人々はキスショットのことを知っている人間ばかり。

キスショットくらいの強力な怪異は周りの怪異、妖怪、負のエネルギーを集めてしまうらしい。
怪異の生態系を破壊してしまうためにひとつの場所に長くは留まれない。

本来なら周囲の怪異がキスショットに引き寄せられるはずなのに、その時はそれがなかったということですね。
その代わりに人が消えたということかな。
初代怪異殺しの部下達も同じように姿を消し、二人で調査しているところに突然現れた「くらやみ」

くらやみに飲み込まれたキスショットと初代怪異殺し。
体の4分の3ほどを飲み込まれながらくらやみから逃げ出したキスショット。その手には初代怪異殺しの手首だけが残っていた。

南極へと逃げ延びたキスショットは手首から初代怪異殺しを眷属として復活させた。
命の危機から脱した直後であったことや、再び訪れた孤独から一人でいる事は辛過ぎたんでしょうね。乙女な吸血鬼、可愛いです。

そして生き返った初代怪異殺しは人々が消えたのも自分がくらやみに飲み込まれたのも、すべてはキスショットのせいだと責任を押し付けて太陽の光を浴びて自殺。
妖怪退治をしていた自分が怪異として甦ってしまったらこれまでのアイデンティティを否定されたと感じても仕方ないか。

二度と眷族は作らないと決めたキスショット。
それほど嫌な辛い記憶になったのか。

くらやみに飲み込まれて逃げ出した後、日本を再び訪れたのは半年前。
くらやみも南極まで追っては来なかったようだし、結局忍にもその正体は分かってないって事ですか?

くらやみとは何なんでしょうね。負のエネルギーの塊って感じはするんですが、それが何故またこのタイミングで現れたのか。
やはり忍の存在が関係しているんでしょうか? 肝心なところはアララギさんと二人で解き明かしていくことになるんでしょうね。



http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/2237-030ae670
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3761-f67f4922
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/3861-37a2e1e6
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/846-dcbdfd91
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/1089-dfa08b47
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1757-b978bc5f
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/tb.php/945-694461c9
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/2420-ac535c25
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5385-ce3c7219
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58504778
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/trackback/80586/12228189
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/12228189.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8253-b5fc3446
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/2376-ab1ccc69
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3294
http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/2589-fa6c9ebd
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1390-bdf4755f
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52364878
スポンサーサイト