COPPELION -コッペリオン- 第2話「未来」

第2話「未来」

襲われたと思われたタエ子ですが、血痕の先に横たわっていたのはタエ子に任せたワンコのもの。

タエ子に銃を突きつける男。
3人は一応軍所属ですから、素人など相手にならないでしょう。
タエ子の救助(?)はあっさり終了。

いなくなった娘を捜していると言う男・川端の話から、3人は娘の捜索に向かいます。

川端の家族は妻の雪子と娘の未来。汚染を免れた病院の無菌室で暮らしていた。
食料は週に一度救援物資を載せたトラックが来ていた。
それも来なくなったようですが、人が住めない土地に敢えて物資を届けていたのは誰なんでしょうね。

未来ちゃんを置いてここを離れる事はできないと言う母親。
しかし二人は再婚で、娘の本当の母親は3年前に死んでいた。

危険な土地に残ったのは自分達が犯罪者だから。
騒動のドサクサに紛れて刑務所を脱走してひっそりと暮らしていたんですね。

自分はどうなってもいい、子供だけは助けて欲しい。
母親の墓に行ったのかもしれないと捜索に向かった荊とタエ子。
これ以上は普通の人間には危険だと川端に戻るように指示しますが・・・

墓は競馬場にあるって、慰霊碑なんですね。
生き残った人たちが建てたんでしょうか?

雪子のフォローに残った葵。
20歳の時に自分の子供を殺して刑務所にはいる事になったと告白する雪子。
遺伝子操作で生まれたコッペリオンに母親はいない。

自分達は動く人形だという葵の抱きしめる雪子。
雪子に母親を感じ、居心地が悪くなってしまった葵が目を放した隙に雪子が消えてしまいました。

子供は見つからず、川端の姿もない。葵の前から姿を消した雪子。

最初から娘などいなかったのではないか?
SOS信号を出すかどうかで揉めた夫婦。妻が娘を人質にした?
思考が悪い方向に傾きます。

雪子を見つけた荊ですが、雪子は銃を向けて救助を拒絶。
未来ちゃんは雪子が隠していた。しかし酸素ボンベの残量が少なく危険な状態。

子供と離れたくない。救助されても犯罪者としてまた捕まるかもしれない。
子供を一人にしたくないという想いから汚染された街に残る事を選んだ。

人形に人の情はないのかと荊を責める雪子。
自分にはわからない・・・
生まれたときから人命救助という目的のためだけに生きてきた。

救助させてください。自分の18年間を無駄にしないで欲しいと泣き崩れる荊。
いきなりどうしたのかと思いました。泣き落としか?

荊はマジ泣きだった・・・
崩壊するホテル。雪子と未来ちゃんを荊の片腕で引き上げるのは無理。
子供を荊に頼んで落ちて行く雪子。 雪子の母親としての気持ちは本物でした。

本当に母親の墓に行ったのかもしれないと汚染のひどい場所に足を踏み入れた川端も、こんな姿を娘に見せられないと救助を拒否。
子供が可愛いくて大切なのは父も継母も同じだったのに切ないですね。

未来ちゃんが助かった事は救いだったけど、やっぱりやりきれない感じがします。

イイハナシカナーという感じで終わった第2話でした。
荊が雪子を前に泣き出したのには驚きました。てっきり泣き落としだと思ったのに・・・

救助する事が目的で生まれたときから軍所属のようなものだと思うんですが、案外メンタル弱いんだなという印象が。
ここは敢えて人間らしい部分を残して(与えて?)育てたと今は理解しておこうかな。


http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5323-2c6d6c2f
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3683-2427df9b
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2979-d08e2889
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/7195-34e86de7
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1658-3bc905c0
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58366768
スポンサーサイト