宇宙兄弟 第73話「道なき月に道を」

第73話「道なき月に道を」

月面バギーのプレゼン。吾妻さんの姿を見て緊張が5割増。大丈夫、吾妻さんは南波兄弟大好きだからw

このプレゼンに自分の今後が掛かっている!
リーダーらしくないリーダーのピーターに不安を感じるが、任せるしかないですねw

自分たちの開発がいかに大変だったかを情に訴えるピーター。
で、肝心の開発内容の説明はムッタに振ったよw

かつてミラクルカーコーポレーションで渋滞する日本の道路事情を緩和するために「空飛ぶ車社会」という企画を立ち上げたムッタ。

飛行自動車が出来ても空には道が無い。信号や標識はどうするのか?
日本にならそんな技術もあるんじゃない?lってさすがにねーよw

道が無いなら仮想道路を作ってしまえばいい。
フロントガラスに道なき道を映す。フロントカーナビシステムも同時に企画。

空飛ぶ自動車なんて未来の話。自分達が子供の頃から見たら今は未来。

誰もが未来の話、夢物語だと思うような事を実現しようと真剣に取り組むムッタ。
夢を現実にするために具体案を出して来れる人ってすごいわ~
ムッタと一緒に仕事をする後輩君たちもすごく充実した顔してますね。

ムッタが会社をクビになった後もフロントナビの研究を続けていた中川と糸井。

このシステムとJAXAの月面3Dマップを組み合わせて安全な走行ルートを月面に描き出す。

莫大な予算の心配をするバトラーに、開発会社にはタダ同然の契約で協力してもらっていると告げる。
マップに関してはJAXAのデータに乗っかるって形ですから、情報提供料程度で済みます。
さすが民間企業出身者だなぁw

ローバーそのものには大きく手を加えず、サポートを強化するという方向に持って来ましたか~
データは荷物にはなりませんからね。

JAXAの成果と、開発会社の技術、
あと、NASAに熱意さえあれば、我々のこの案は、実現できます!

さぁ、ムッタのプレゼンを聞いてNASAの熱意はどう反応するのか。結果が気になりますね。

ここで結果を引っ張るとは思いませんでした。
あらすじとおさらいが長い・・・
ミスター・ヒビットもあるし、実質本編半分くらいしかないよなぁ。
無理に引き伸ばしているのか展開が遅い。もう少し早くしてもいいですね。


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d810e577496d91118afb0fedf9153682/ac
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/910768
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52350742
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58203354
スポンサーサイト