FC2ブログ

とある科学の超電磁砲S 第15話「最弱(かみじょうとうま)」

第15話「最弱(かみじょうとうま)」

離れろよ、今すぐ、今すぐミサカ妹からから離れろっつってんだ!
聞こえねぇのか、この三下!!


実験を止めるために10032号と一方通行の元へ走る上条さん。
足がもつれるのは美琴の攻撃の影響でしょうね。実験開始は20:30。美琴の攻撃で携帯がフリーズ。おお、時間が!
既に実験は開始され、ミサカ妹はボロボロ。

上条さんの登場が信じられないミサカ妹。上条さんが完全に一般人だと思っている一通さん。
ボタンひとつで自動生産できるクローン。借り物の体と借り物の心、単価にして18万円。9000体以上の余りある在庫を持つもの。
でも上条さんにはそんなことは関係ない。クローンだろうが何だろうが、今、目の前にいるミサカ妹は1人だけ。
その命を助けることが一番重要なこと。表向きは学園都市でも禁止されているクローン実験をそんな小さいことと言い放つ。
上条さんはマジかっけーんすよ!


不本意だが実験につき合わされているかもしれない・・・
上条さんのわずかな希望も実験を楽しんでいる一通さんの態度に一変。

上条さんは真正面から突っ込むいつものスタイルですね。
一通さんの攻撃を受け続ける。

レールを捻じ曲げて飛ばす攻撃でわき腹を持っていかれたぁぁぁ!
もう見てるだけで痛い。美琴の攻撃を受けた後なのに、上条さんのポテンシャルの高さは異常ですよぉ~

粉塵爆発懐かしいなぁ~こりゃさすがにヤバイっしょ。

止める事も出来たはずなのに行かせてしまった・・・
上条さんなら何とかしてくれるかもしれないという一縷の望みが見えたんでしょうね。
でも美琴はここで人任せにするほど弱いヒロインじゃない。
立ち上がった美琴がいつもの戦うお姉さまに戻ってる!

今まで名をあげるために一通さんに噛み付いてきたやからと同等に思っていた。
しかしどれだけ攻撃しても上条さんの闘志は消えません。

前回の実験で血液の逆流を覚えた一通さんは上条さんにも同じ攻撃?
右かぁ?左かぁ?と言いながら飛び込んでくる一通さんがいい感じに逝っちゃってますよ。 いやぁのぶりんの演技最高だわ。

ここで幻想殺しを発動。
倒れたのは一通さん。何が起こったのか理解出来てません。

よくしゃべる一通さんに対して、黙ったままの上条さんとの対比がいいですね。
いいヒールっぷりです。

何が起こったかありのままに話すぜ、って感じで駆けつけた美琴が見たのは、ボコボコにされる一方通行の姿。最弱が最強を殴ってる?

ぶちキレた一通さんはもう実験とかガチ無視。
ベクトル操作で空気まで操れるのかよぉ。もう超能力とかってレベル超えてますよ!

自分が一方通行の注意を引き付けている間に逃げて。
美琴も妹も同じ琴を考えていましたね。借り物の心でもやっぱりミサカなんだな。
そういうのは姉の役目って言う美琴がいいなぁ~

空気を圧縮して一転に集め、プラズマを凝縮して学園都市ごと攻撃?一人殺すのに大技出し過ぎじゃないっすか?
風車を使って風の流れを変えようとする美琴ですが、1人の力ではどうにもならない。
アイツの夢を守りたい。アイツに死んで欲しくない。
倒れたミサカ妹に手伝って欲しいと懇願する美琴。

風の流れが変わり、プラズマが拡散していく。
ミサカネットワーク・・・繋がったミサカ妹たちが協力。

自分の命を賭してでも実験を止めようと一方通行の前に立ちはだかる美琴。
倒れた上条さんは立ち上がる事ができるのか!?(いや、禁書で見たけどね)

のぶりんの演技がすごかったですね~空に手を伸ばして何かを呟いてる一通さん怖いです(泣
あれだけの出血にも拘らずまだ立ち上がろうとする上条さんの体力はどうなってるんだろう?

次回で決着でしょうか?先の展開を知っていても気になりますね。


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52345730
http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/1989-b67bb068
http://neobonno.biz/animekansou/5343/trackback/
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52350227
http://neobonno.biz/animekansou/5343/
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52350227.html
スポンサーサイト