断裁分離のクライムエッジ 第11話「レッド・ライジング」

第11話「レッド・ライジング」

注射プレイが強烈過ぎて霞んじゃったけど、エミリーの過去とパパへの執着の理由が明かされましたね 。

弱い、動きがなってない、ヘタレと散々な言われようの切くん。が、頑張れ~
エミリーは貧民街出身。生きるために盗みを働かなくてはならない過酷な状況で生きて来た。 そこをオーダーメイドの適合者である事を聞きつけた祝ちゃんパパンに拾われたと。
サンドイッチで陥落したエミリー。餌付け成功です。
エミリーを引き取ったパパの動機が娘の髪を切りたいという想いからだったのはエミリーにとっては切ない話ですね。

貿易関係の仕事をしていたパパはエミリーの国にいる時は一緒に暮らしてくれていたが、ある日姿を現さなくなった。
パパは髪の女王を巡るオーサーの戦いに巻き込まれて死んだ。パパの復讐と髪の女王を殺してパパを生き還らせるという願いのために祝ちゃんを狙っていたようです。
でも死んだ人間は生き還らないだろうなぁ~
言うたらよくある設定ですわ。まぁ分かりやすくていいんじゃないかw

学校を休んでパパの書斎を漁っていた祝ちゃんはエミリーが隠し養子だと知りましたね。これからどうするつもりなんでしょうか?

切り傷負ってるのにお風呂に入って湯船が真っ赤に染まってるじゃないですか!
すわ、毒か呪いか!と思っていたら鮮血解体のオープナーは細かい傷をつけて傷を治りにくくするという物理攻撃でした。
じわじわと失血死に追い込むのか、結構えげつない手を使う幼女でした。

登校しても調子の悪そうな切くん。保健委員誰だ?
直立病院坂妹かわいいなw

血は止まらないが、病院へ行っても無駄だろう。傷の様子を騙しながらエミリーとの再戦に望むと言う切。
それまで体が持つのか・・・病院坂妹のいう事は正論。追い詰められた状況で正論かまされて逆切れする切くんに治療を施す。

昏睡昇天のインジェクションで自分の血を輸血する病院坂妹。
注射のシーンですら規制ですかw逆にエロいわっ!www
恍惚の表情で注射。切くんが新しい扉を開いたぞ!打たれる方も気持ちいいんなら犯罪でもなんでもないような・・・(違w
病院坂妹のアヘ顔がwwwさすが上級者は違いますね~

取り合えず急場を凌げた切ですが、輸血した方の病院坂妹が気分悪くなってるよ~
血が少ないってドンだけ入れたん?一緒に寝かせてと切のベッドに潜り込む。意外と大胆です。 切くんはいろんな意味で紳士なので眼鏡っ娘でも手は出しません。

オーサーに選ばれると元の持ち主(殺人鬼)が夢に現れ「人を殺せ」と囁くそうな。切くんの夢にはまだノーマ・グレイランドは現れていません。
オカルト大好きにぎちゃんにノーマ・グレイランドの事を訊ねた切。
単独犯で服はボロボロ。でも育ちはいいらしい・・・切に伝え忘れたことがあったにぎちゃん。大した事じゃないからいっか・・・多分それがとても重要な事なんですね。

祝ちゃんを訪ねた切ですが、祝ちゃんお昼寝中。調べたパパンの日記を見つけた切。一瞬開いただけだったけどそれで何を読み取ったんだよw
紳士モードの切くんは祝ちゃんの髪をクンカクンカする事もなく家を後にする。余裕ないのかな?

プロフェッサーにパパのお墓の場所を聞く切。すべての始まりはパパですからね。
パパのお墓より幼女が気になるプロフェッサーw歪みねぇなw何かを誤魔化しているようにも見えますが・・・
お墓に向かった切くんが目にしたのは・・・

花いっぱいのお墓の前でクルクル回るエミリー! 不思議の国のアリスというよりただの不思議ちゃんです。
どうしてこうなった・・・ここで引きかよwww

次回鮮血解体のオープナーと決着したとして残りはキャッキャウフフで終わるのかな?
オーダーメイドの銃と毒薬とかまだ伏線張ってきてるけど、回収する時間は無さそう。
交響歓喜のピアニシモさんはもう登場しないのかしら?

TB用ミラーブログ(livedoor版) http://84870.doorblog.jp/archives/28343346.html


http://luvnail.blog46.fc2.com/tb.php/2169-2aa03a61
http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/167-303063e0
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3337-ad047fcc
http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/1083-144fb2cd
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1243-2e355e24
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/57581349
http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/736-160d45b9
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bobu_mono/28330151
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/28330151.html
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/647-4c56d1c0
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/tb.php/839-210be681
スポンサーサイト