宇宙兄弟 第61話「日々人を待つ人々」

第61話「日々人を待つ人々」

いよいよ日々人たちの帰還。

着陸船アルタイルに乗り込む日々人、リンダ、ダミアンの3人。
鐘を鳴らして日々人を送る吾妻さん。絶対聞こえないと思うけど、気持ちは伝わってるのね。
バディは相変わらず暑っ苦しいとwww

アルタイルを迎えるのは無人で打ち上げられた帰還船オリオン。
宇宙で乗り換えて帰還するのか~打ち上げは大々的に報道されるけど、帰還の方はそこまで詳しく見たことなかった。

日々人たちが乗ったオリオンのパラシュートを手がけたのはピコ。
日々人たちの命を握っていると言っても過言ではないでしょう。前回のブライアンたちの事故もあり、そのプレッシャーは計り知れません。

E班が作ったPIECOはピコの元へ。

しっかり覚えてといてくれよ、俺らの顔を。
いずれあんたが手がけた帰還船で地球に帰ってくる宇宙飛行士だからな。

命を預かる技術者の気持ちを知れと言うなら
あんたは命をかける側の気持ちを知ってくれ

ムッタたちと関わったことで、ピコは技術者としての自信を取り戻したようですね。

日々人を迎えるために南波両親もヒューストン入り。
アポにデレデレやんwww
日本人初の月面からの帰還と言うことで、日本では日々人ブームが起こっているらしい。なんてあるあるな話w
帰ってからはパレード、TV出演と予定がぎっしり。またモテんだろうなぁ~

自慢の弟を自慢するだけみじめになる。出遅れた兄だ。
ちゃんとその気持ちと向き合い、認められるムッタはすごいと思うんですけどw

日々人のお気に入りの自転車を磨くムッタ。
日々人が管制と戻ったら自転車でどこかに行きたいと話していた事は知らないはずです。全くどこまでもしっかり繋がってる兄弟だわ!

帰還の日、しっかりと身支度を整えるピコ。いつもと違う父親を見て騒ぐ息子達。
「ネクタイを締める理由なんてのは1個しかねぇ。仕事が無事に終わった後に緩めるためだ」
ピコさん、かっけぇぇぇ!

管制室で説明を受けるアスキャンたち。ケンジやせりかさんはしっかりメモを取っているのに美人スタッフさんに反応するムッタwww ホント美人に弱いなw

オリオンの帰還が始まる・・・
地球からの打ち上げよりもずっと地味ですが、緊張感と言う意味ではこちらの方が上かも。

見事にパラシュートが開き、無事に帰還を果たした宇宙飛行士たち。
パラシュートが開いた瞬間の歓声とピコの安堵した表情に泣きそうになりました。

ムッタはヒューストンに戻って来た日々人に「おけ~り」と。
月の石を放り投げて「た~いま」

ちょっとその辺で遊んで来ました的な気軽さ。これが兄弟ってヤツなのかな?w

宇宙から帰ってくるって実はとても大変で重要なことなのに、日常のひとコマのように描いてました。
それくらい南波兄弟にとって宇宙は身近な場所なんでしょうね。

宇宙開発の花形はもちろん宇宙飛行士。
技術者であるピコの苦悩を描くことで、宇宙開発がいろいろな人の支えによって成り立っている事を感じました。 裏方だけでもドラマ性は十分あるでしょうね。

アマンティが見たムッタが悲しんでいる姿とは?
ナレのバックに流れるシャロンの映像が・・・シャロン絡みなんでしょうか?
気になりますね。


TB用ミラーブログ(livedoor版)
http://84870.doorblog.jp/archives/28119872.html


http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4269-d12dc027
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/910491
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52337537
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/57561383
スポンサーサイト