幕末義人伝浪漫 第8話「ひでぇ面して、大盤振舞」

第8話「ひでぇ面して、大盤振舞」

ポッキリ心が折れちゃった浪漫。
飲んだくれて飲み代も払わずフルボッコされたところを赤フンの清兵衛に拾われる。

気力も何もかもを失った浪漫を家に連れ帰った赤フンさん。
子沢山っ!?親失くした孤児を引き取って自分のことして育ててたんですね。

甲斐甲斐しく怪我をした浪漫の世話をする茜ちゃんがマジいい子です。
しかしなかなか立ち直れない浪漫。

厳しい事を言ってますが、赤フンさんは浪漫が心配なんでしょうね。
茜もその辺は分かっているようです。

その頃、助け屋を訪ねた孫一がからくり箱から葵のご紋の入った飾り箸を見つけるというご都合主義の急展開。

食事を全く摂らない浪漫の体が心配でおかゆを持ってきてくれた茜を突き放してしまった浪漫。
さすがにこれには赤フンさんもブチ切れ。
しかし茜はかつて自分が赤フンさんにしてもらった恩を忘れず、同じように困っている人を助けたいという気持ちを持ち続けていた。
う~ん、出来過ぎなくらいいい子です。

その茜が大雨で増水した川に転落。
村の人間はみな出払って大人は浪漫しか残っていない。
助けを求める弟たちの声も浪漫には届かないのか?

で、困っているやつはみんな助けたいと言う親父の言葉が甦る。
浪漫復活のお膳立ては出来た。

川に降り、互いに手を伸ばす浪漫と茜。
どうせまた離すんでしょって阿国の言葉が甦る。超トラウマになってるね。
それを振り切った浪漫が茜を助けて復活しましたというお話。

助け屋から飾り箸を盗み出した孫一が虚無僧に報告。
巫女さんがみてた・・・つか攻撃してきたと申し訳程度に話が進みました。

長い!話に目新しさは無いしダラダラと長い。
オチがわかるだけに今回は見てて辛かったな~(時間的な意味で)

http://higasitb.blog.fc2.com/tb.php/229-f42ff1fe
スポンサーサイト