FC2ブログ

K 第13話「King」

第13話「King」

自己犠牲EDといった所でしょうか?

「宗像礼司個人としては、周防。お前を助けたい」

青の王としての慇懃無礼な態度とは裏腹に尊を助けたいと言う宗像の本音が見えました。
使命と個人の感情の間でやるべき事を選んだ宗像。

我輩ちゃんに続き、クロも白銀の王のクランズマンに。
白銀の王としての記憶を取り戻したシロはククリを助けるために動きます。

学園島から学生も赤と青のクランズマンたちも避難し、まだやり合っているのは八田&猿比古とクロだけ。
暴走する赤の王の力。八田ちゃんの刻印が熱を持ち、王の力の暴走を感じましたね。

ここでまだ回想やりますか?w
つるんで腐っていた八田と猿比古は周防に拾われたのか。
別に驚くほどの事もない。多々良は別格にしても赤のクランズマンたちは多かれ少なかれこんな感じなんでしょうね。

これ以上は無意味。二人を回収する鎌本がいいですね~
猿比古の小さな裏切りなど気にしていない。尊さんは器の大きい人だと言う鎌本に対して 器のデカイ人は嫌いだと呟く猿比古。
まぁ貴方は八田ちゃんしか目に入っていない感じですからねw 周防に懐く八田への嫉妬でしょうね。

無色の王を追い詰めたシロとクロ。
無色の王が悪しき王と認め一言様の遺言通り、無色の王を斬ろうとするクロ。

逃げようにも学園島にもう他の人はいない・・・
シロを油断させ、乗り移った無色の王ですが、逆にシロに取り込まれてしまう。
元の人格が分からなくなるほどにさまざまな人格を渡り歩いてきた無色の王。
他の王の力を取り込んで、唯一無二のただ一人の王になることを望んでいたんですね。

クロにククリを託し、宗像と周防の元に向かうシロ。
王を殺せるの王だけ・・・多々良殺害犯が自分の中にいると、自分ごと周防に無色の王を殺させる。

そして王殺しの負荷で周防自身の王の力も限界。
ダモクレスが落下するとクレーターが出来るほどの大爆発を起こすのかな?
落下寸前で周防を手に掛けた宗像。

宗像はやるべき事をやったんでしょうけど、本当は助けたかったんだろうなぁ。
周防のダモクレスの爆破を止めたことで、残された周防のクランズマンも助かったんだから感謝こそすれ恨む事はないでしょう。
周防は辛い事を押し付けて勝手に逝っちゃったって印象です。
話的にはキレイなんですけど、自分勝手な感じがします。

意識を取り戻したククリ。
クロもネコの思い出せるのに、シロのことだけはどうしても思い出せないのはどういう事なんでしょう?

シロの姿を捜すが、傘しか見つからない・・・
シロに届ける!と頑張る我輩ちゃんですが、シロがいないことを理解させるのは難しいようです。
不死の王・・・シロが別れ際に言った一言が希望かな?

周防の死によって赤の王の力はクランズマンから離れていく。
吠舞羅はこれで解散という事になるのでしょうか?
犠牲は多かったけど多々良の敵討ちに決着が付きました。

続編製作決定ですか・・・このまま終わっても続いてもどっちでもいいかな~
良く動く映像、キャラの耽美さや関係性という点では成功した作品だと思います。
ただストーリー的には説明不足は否定できませんね。
ヴァイスマンの研究の結果生まれた王の力やダモクレスの剣の存在。各王の関係性と必要性など、とにかくハッキリしない部分が多かった。
この辺は続編で語られるんでしょうね(語ってもらわないと困るからw)

1話1話は悪くないのにつながりと話のすっ飛ばしが分かり難くさせている原因だったのかな?
脚本はラノベ作家さんが7人(だっけ?)で担当したようで、横のつながりをもっと密にすると良かったのかもしれませんね。
残った謎部分を除けば、ストーリーに目新しさは無く手堅くまとめた印象でした。

続編でもっと化けてくれるといいなぁ~と思いつつ、お疲れ様でした!


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51705804
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/4c7b438e6f36f8595ca9a869a1d4d3e8/73
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1531-ddb5e64b
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a15b6fbce06f4ccfe01ed5666a87149a/ac
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67768974.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2659-b9fc2588
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2115-a6bad17b
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/4016-2c0ef575
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/440-4df66d27
スポンサーサイト