宇宙兄弟 第33話「月のウサギ」

第33話「月のウサギ」

日本に帰ったらイェ~~~!の兄って言われるんだろうな・・・

ついに月に着陸する日々人たち、アルタイルクルー。
ムッタには知りたかった事がある。日々人が月面着陸する瞬間、自分はどんな顔をしてるのか・・・

日本時間で朝の4時か・・・絶対起きれないわw
自分の声で起きようとする南波母。父ちゃん起こしてやれよw

着々と進む直陸準備。着陸は手動操作なのね。
その大役は日々人の役目か。この辺は実際見たことないのでヘ~って感じw

着陸は無事成功。そのとき私は笑っているのか、泣いているのか・・・
ムッタの顔は泣き笑い。嬉しさと感動でしょうね。

日本人の期待を一身に受けて月に降り立つ日々人にムッタからのビデオメール。
月に降りつ前に見ておいたほうがいい。

映ったのはアポwwwムッタもやっぱ照れてんのかな?

月面に降り立つ事にプレッシャーは感じていないだろう?
しかし吾妻さんよりも先に月面に降りる事にはプレッシャーを感じていないか?

吾妻さんは日々人の月面着陸をとても楽しみにしている。
奥さんから聞いた話ではあるけれど、吾妻さんの人となりを見て、ムッタ自身もこの人は信用に足る人だと感じたんでしょうね。
そして弟の肩から少し重い荷物を下ろさせる兄。
お気楽に見える日々人の憂いをちゃんと感じていた。なんともいい兄弟です。

日本人初という事で日々人は他のクルーよりも特別な存在。
そんな日々人を全力でサポートしてくれるクルーたちがいいですね。

重力が地球の1/6ですから体が軽いには当たり前。
それ以上にムッタからのビデオメールで心が軽くなった日々人の第一歩は軽やかだった。
月で一番高く飛んだ男として『ムーンジャンプ』というムーブメントを巻き起こした日々人。

しかしムッタには一つの心配事があった。
日本人初。日々人の月での第一声は歴史に刻まれる・・・

日本の新聞社からも最初の言葉を考えておいて欲しいと言われていた。

子供の頃、『薔薇、憂鬱、新潟』をマスターした事を日々人に自慢したムッタ。
返ってきた一言は「ひらがなでいいじゃん」ここワロタwww確かにネ。

そんないい加減な弟が歴史に残るような名言を残す事が出来るのか?

ムッタの心配は的中。
最初の一言が新聞の一面を飾った・・・日々人とは逆に体が重いムッタwww
心がポッキル折れてますよwww

日々人の最初の一言は
『イェ~~~!!』 by南波日々人
これにはJAXA職員も言葉を失ってますねw

でも日々人の興奮が伝わってきます。そして何より日々人らしいwww
ここは次にお兄ちゃんが挽回するしかないわねw

その後も月面を跳ね回った日々人を見て
「月のウサギは彼だったんですねぇ」ってコメンテーターのおっさん!
誰が上手いこと言えとwww

さて、宇宙への一歩を歩き出すための最終試験の結果発表も間近。
ムッタには幸運の女神?アポがついていますが、変なところで幸運を使ってしまうらしい。

ムッタに何が降りかかってくるんでしょうか?
神様仏様アポ様って感じですねw
つか早く結果出してくださいよw


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/6753852193b536145885d0fd79158a80/ac
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909899
http://muhanho.blog40.fc2.com/tb.php/3080-6bba32af
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3943-579ab3bf
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52307277
スポンサーサイト