宇宙兄弟 第32話「入ってはいけない場所」

第32話「入ってはいけない場所」

日々人たちの打ち上げも無事に成功し、候補者たちは日本へ帰る。
その前に食事会ですが、日本食レストランではないのでうどんは難しいと思いますよ、お父さんw
うどん県の出身なんだろうか?w

何やら考え込んでいる茄子田理事長。
さすがにこの人も感慨深いんだな、と分析するケンジですが、日本に帰ったら日々人関連で忙しくなりそう。新しいネクタイ買おうかな?って理事長らしいw
合否の連絡は3月15日正午ごろになる予定。まだ引っ張るんですねぇ~
しっかり者の鶴見さんがいてくれたのでやっと場が締まりましたw。

ムッタは日々人の月面着陸を見守るためにアメリカに残る。
ジェニファーのお仕事のお手伝い邪魔をしながら官制を見つめる。

吾妻さん一家を見かけるムッタ。家族には笑顔を向ける。

吾妻は家族の前でしか笑わない。だから誰もあそこには入っていかない・・・
日々人に先を越されてさぞ悔しいでしょうね、と語るジェニファー。
本当にそうなのか?ムッタには吾妻さんが日々人に嫉妬しているようには思えない。

ジェニファーの忠告を聞かずに吾妻ファミリーの元へ向かったムッタ。
「打ち上げ成功おめでとう」吾妻さんはムッタの手を取ってくれました。

日々人に先を譲ってくれたんですか?
上司の判断だったと答える吾妻さん。その上司はブライアン・ジェイですね。

甲子園に行き、防衛大学校から自衛隊。そして宇宙飛行士へ。吾妻さんの歩んできた道は訓練付けの日々。
自分を鍛えていなければ気が済まない人。

吾妻さんを強い人だと言うムッタですが、奥さんは周りの変化には付いていけなかったと・・・

月周回軌道を回った日本人初の宇宙飛行士として記者会見を受ける。
月の周りを回っただけで大騒ぎになるんだな。ちょっと近所まで行って来た的な感覚ですか?スケールデカイですよw

孤独感はなかったかという質問に孤独感は無く、あったのは高揚感だと答えた吾妻さん。
そこで怪訝な顔をする記者。
日本人特有のお涙頂戴展開を期待していたんでしょうね。

あったこともない親戚から連絡が来たり、家族にまでマイクを向けるマスコミ。
周りの変化に対応しきれない。誰も理解してくれない・・・今のほうが孤独だ。

日本の歴史に名が残るとか、日本の評価を決める重大な役割とか。そんな重圧を抱えていたら宇宙で楽しめないだろう。
吾妻さんを見て日本発の月面着陸は日々人を推薦すると言ったブライアン。

地上にいるときもハートは0Gみたいな男w
ふわふわとプレッシャーなどどこかに浮かべている。
ブライアンは日本人初という重圧から吾妻さんを守ってくれたのかな?

吾妻さん自身もこの話を受け入れ、日々人のことを認めている。
多くを語らないが故に誤解を受けやすいのかもしれませんが、その事をちゃんと分かってくれる人もいる。
吾妻さんと仲良くなりたいと思ったムッタもその一人になれるでしょうね。
でも『あずあず』と呼ぶのは止めましょうwww

日々人の宇宙からの中継は良かったというか、日々人は本当にプレッシャーとか感じないのね。
日々人に関しては相当の努力はもちろんしてきたと思うけど、トントン拍子に上手くいってるように感じちゃいます。
人間臭さが足りない感じ。ムッタと比較するためのキャラでもあるし仕方ないんでしょうがいい子過ぎてちょっとね(アセ

ブライアンが万能過ぎます。本当に惜しい人を亡くしました。しかしその思いはちゃんとみんなの中に残っている。
ムッタとブライアンが出会えなかったのが残念です。


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/720133659a814a8d3a6d7ff6f88a476e/ac
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3930-ee7c2796
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909881
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52306108
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2567
スポンサーサイト