新世界より 第7話「夏闇」

第7話「夏闇」

12歳編終了。

目の前に現れた土蜘蛛コロニーの軍勢はおよそ3000。
これに対し、覚が使える呪力は残り2、3回といったところ・・・

3000の兵を叩くのは無理ですね。撤退しようとする早季。
大量の矢を射掛けて出方を見る土蜘蛛コロニー。やはり戦闘においてはあちらが上手。
とりあえず、一番遠くに飛んできた岩を跳ね返して、こちらの位置を撹乱しますが、この状況にビビッたスクィーラが逃げた!

覚の手を引いて逃げる早季が見たのは土蜘蛛の兵に捕まったスクィーラ。
バケネズミ語で叫んで早季たちを売った!?兵士の隙を突いて反撃して、しれっと神様のおかげで助かりましたとか・・・

自分のことを低く見せるスクィーラの態度が卑屈過ぎて癇に障ります。

呪力を持った人間を神と呼びながら、疲れ果てた悟るに向かって
「神様はもう神様ではなくなったのですか?」と問いかけた時はコイツはマジでヤバイ奴だと感じましたもん。
全部分かっていて、気付かない振りをする。侮れませんよ、スクィーラ。

遠くから響くほら貝の音。やっと援軍到着!
最も人間に忠実で最大勢力の大雀蜂コロニー。戻った頃には決着付いてたわ。

大雀蜂の将軍・奇狼丸@平田さん!こっちは分かったwスクィーラの浪川大輔は全く気付かなかったからな・・・
一応バケネズミなんだよね?意外とかっこいいなぁ~

大雀蜂の兵士が抱えて来たのは土蜘蛛の女王が産んだ幼獣。 うわぁ触りたくねぇ~
新たな戦力、労働力として使うようです。これが戦利品か・・・
死ぬまで下僕、使いものにならなくなったら畑の肥やしになるのがこの赤ん坊たちの運命なの?

土蜘蛛の大将と話をすると言う奇狼丸。話できるのか?と思ったらマントの下から風船犬が飛び出した!
ちょっ、一瞬過ぎて何が起こったか分からなかった。風船犬は外来種が持ち込んだのかな?

爆発と同時に倒れた早季と覚。
覚が咄嗟に呪力で風船犬の爆発を閉じ込めたため、奇狼丸は無事でした。
しかし覚が危惧していた一番危険な状態に変りはない。

バケネズミが従うのは人間であって俺たちじゃない。
倫理委員会が指示を出せば1班のメンバーは粛清されるかもしれないという事ですね。

ミノシロモドキから隠された歴史に真実を知った早季たちが危険な存在だと認識されてもおかしくない。
その前にキャンプのルートを大きく逸脱してますしね。
愧死機構によって人が人を殺せない状態なら、バケネズミがその闇の部分を任されているのかもしれない。

そこまで疑うか?とも思いますが、ここまで危機的状況が続けばすべてを疑ってしまうのも無理はないか。
しかし大人に守られ、ぬくぬくと温室で育てられたような子たちなのに頭の回転が速いなぁ。

奇狼丸の元を逃げ出した二人。スクィーラが追ってきていました。
神様を守るためとか言ってますが、神出鬼没過ぎて怖いわ。絶対監視してるだろ?

スクィーラにカヌーのある岸まで案内させる。
おお、やっと瞬、真里亜、守と再会です!結構あっさりwこの3人はどうしてたんでしょうね。
スクィーラを見て悲鳴を上げる真里亜。ちょっとウザイw

完全に奇狼丸に襲われると思い込んでいるのですぐに出発。ここでスクィーラとはお別れです。
追っ手はすぐにやって来た!スクィーラが知らせたんじゃないの?

連行されるのかと思ったらカヌーを曳航してくれました。
この事が知れたら奇狼丸も処分は免れない・・・命をかけて助けてくれたのか。

早季の機転で呪力を取り戻したことを知った他の3人。
夜営するキャンプ地でマントラを思い出した瞬の呪力を取り戻す・・・

やっと神栖66町に戻った早季たちを出迎えた大人たち。
粛清されちゃったら14歳にならないのでそこは大丈夫なんでしょうけど、待ち受けられているというのは怖いですね。

サクッサク進んだ感じがします。この後、早季、真里亜、守も無事に呪力を取り戻したようですが、一言で済ませちゃっていいのかなw
バケネズミの戦争に巻き込まれてから長かった。これでも原作はかなり端折っているようです。

次回から14歳になるのか。予告がボノボってますねぇ~ w
子供が出来る行為は許可制らしいのですが、それ以外は割りと性的にフリーなようです。

2年でみんな大人っぽくなってます。
美少年設定の瞬に憂いが加わって女の子より美人さんてどういうことだよwww



http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sumi4460/67731724
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2539-c88fb1c9
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/3008-c5128090
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/589-e79dc1a6
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3928-a4204dc5
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52306249
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/937-8c8273bf
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/294-654ba8a7
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2599-bfde0727
http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/599-78405a94
スポンサーサイト