緋色の欠片 第二章 第5話「涙の真実」

第5話「涙の真実」

卓さんと対峙する先輩’s。同じ守護者だっただけに攻撃に迷いがありますが、卓さんの方は容赦なし。
「本当のことを言ってくれ!大蛇さん!」
いやいや、本心は祐一先輩の推理通りだったとしてもここでバラしちゃ意味がないですって。

守護者同士のバトルに触発されたツヴァイまで参戦w
ホント真弘先輩の事好きだよね、この人www

ツヴァイに圧され劣勢の真弘先輩をさりげなく助けた卓さん。
元は同じ守護者。ここで殺すのは忍びないと言いますが、鬼切丸を奪うと玉依姫へ伝えろと・・・

遼ちんは今回も安定のストーカーwww
止めを刺さなかった事にふがいないと言ってますが、自分は陰で見ているだけなのにねwww
ヒーローは遅れてやって来るの法則なのか?w

ロゴスの気配を感じて神社に戻った珠紀と拓磨。
ここからはババ様の独壇場!
鬼切丸の影響を受ける琢磨に玉依姫に近づくなとはっきりと言い放つ。

自分が覚醒してキチンと封印すれば大丈夫と反論する珠紀ですが、「それはいつ?」と冷淡に返します。
まぁその通りなんだけどね。正論過ぎて・・・ねぇ。
玉依姫も血で継承するのにすべては受け継いだ者次第ってのも大概な話ですよ。
ここまで続いたんなら覚醒のヒントくらい残せばいいのに。引継ぎと情報の共有化は大切です!w

鬼の力はいずれ玉依姫を襲うだろう。
珠紀のそばにいることによって拓磨の鬼の力が引き出されてしまうらしい。
よくわかんないなぁ。鬼の血脈が守護者になった経緯って何だったっけ?すっかり忘れてるw

すべては鬼切丸の封印のため。琢磨を家に帰し、珠紀は軟禁状態。

ボロボロになって帰って来た真弘先輩と祐一先輩には卓の事はもういい、命があるまで勝手に動くなと。
さらに全てを話すと言った慎司君にも守護者の務めが出来るかどうかの評価以外はどうでもいいように切り捨てる。

琢磨のことが気になり、集中出来ない珠紀。
離れた時間がより深く互いを想う時間になる様な気がするけど。

ババ様から明かされる衝撃の真実。
慎司君と美鶴ちゃんは双子の兄妹。双子だからこそ惹かれたという事でしょうか?
自分の思いを告げた途端、二人は兄妹なんだよって・・・美鶴ちゃん悲恋過ぎるでしょ。

自分の気持ちを伝えたことで重い荷物を持たせてしまったと涙する美鶴ちゃん。
好きな人のそばにいたいのに、自分の存在が相手を傷つけてしまうと泣く珠紀。
2人とも辛い恋しちゃってますねぇ。
この二人が明るく恋バナが出来る日が早く来るといいのになぁ。

四賢者に会うためにアインとツヴァイを連れて本部に戻るドライ。
アリアの警護を卓さんに任せて行きますが、どこまで信用されているのか・・・
アリアと卓さんは何を話すのでしょうか?多分珠紀のことだろうな。

ババ様無双状態?すべては珠紀の覚醒に掛かっている。
そろそろ後がない状態になって来ているんでしょうか。ババ様が珠紀を精神的に追い込む、追い込む。
悪役に徹しているように見えますが、彼女もまたお役目のためにいろいろなものを諦め、捨ててきた人なんでしょうね。

今回のメロきゅんは遼。ち、近っ!近いわっ!www
主様はいい匂いがするって・・・めちゃめちゃ恥ずかしいわ!
そんなんいいから早く本編で活躍してって感じですw


http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/726-d37988eb
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/tb.php/4018-2ac19de9
http://hiiro1227.blog.fc2.com/tb.php/323-af3774d4
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/55996315
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1470-b456dfc0
http://fantale.blog39.fc2.com/tb.php/2241-7fcf9a30
スポンサーサイト