緋色の欠片 第二章 第1話「玉依の運命」

第1話「玉依の運命」

緋色の欠片の2期が始まりました。

第二章の1話は1期をおさらいしつつ、ロゴスのアジトが見つかったり、贄の儀なんて物騒なワードが出てきたり・・・

いきなり終わってたw
玉依姫側が鬼切丸を手にしたことですべてが終わった事になっています。
珠紀の夢オチかと思ったら守護者たちは本当に終わったと思っていたんですね。

鬼切丸の封印は終わったのにいつものように珠紀を迎えに来る守護者たち。
犬の散歩に行くみたい・・・ですかw

こんな軽口も一緒に戦った仲間だからこそ?
ボロ負けしてたし達成感としては物足りないんですけどね。

守護者たちとの出会いの回想。
運命とか宿命とかその辺を強調したシーンを選んでいる感じですね。

ニヤニヤと思い出し笑いをしていたらいつの間にかみんな集まってご飯食べてるしwww
かわいそうな子を見る目は辞めたげてw

朝、みんなを見送ったはずの卓さんですが、みんなが帰宅するまで神社に引き止められていました。
このシーンの平川さんの演技が優しいを通り越してカマっぽかったよwww

芦屋さんがロゴスのアジトが見つかったと知らせに来たようです。
ロゴスは森に強力な結界を張り、近づく者を迷わせていたとか。
慎司くんが探しても見つからなかったのはそのせいらしい。本当かな?
 ロゴスが残っている時点で何も終わって無いと思うんだけど・・・。

祭られた鬼切丸を見て終わった事を再確認する珠紀たち。
入れ替わるように社へ入って来たババ様と美鶴ちゃん。
ババ様の胡散臭さがアップしてますよ。

いきなり胸を抑え苦しみ出す拓磨。
心配する珠紀に「ちょっと、昼飯食い過ぎたかな・・・」ってどう見ても胸ヤケって感じじゃありません。
珠紀も何故そこで納得するかな?

ロゴスサイドでは未だに本部からの連絡はなく、一度本部に戻ろうとするアリアを止めたのはドライ。
アリアがいなければ鬼切丸を奪うことは出来ない。
ドライが何か企んでいると感じているのか、今はアジトに籠もり時間を稼ぐと決める。
アリアはドライを信用してませんね。内部分裂は密かに続いているようです。

鬼切丸の封印は完全ではなく、ババ様は美鶴ちゃんに贄の儀を指示。
その直後、清乃ちゃんから神隠しが起こったと聞かされる珠紀。
うーん、無関係とは思えない話です。

拓磨の胸の痛みも治まっていない。やはり鬼切丸の影響なのでしょうか?

OPは拓磨ルートっぽいですね。
EDの狗谷遼の寝顔にキュンキュンしましたよwwwで、肝心の遼の出番は・・・
って今回もしっかりストーカーしてましたw彼の本格参戦はいつ頃になるんでしょう。

2期もメロきゅんワードは健在。しかしイマイチ萌えないのはなんでだ???w


http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1447-0d0a684d
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/tb.php/3995-6ee470e6
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/691-b654d1e9
http://muhanho.blog40.fc2.com/tb.php/2965-28e4b0fc
スポンサーサイト