薄桜鬼黎明録 第12話「大いなる黎明」

第12話「大いなる黎明」

隊士が増え手狭になり、屯所を交換して欲しいと芹沢さんに申し出る近藤さん。
ここで断れば近藤さんの立場が無い・・・いつもの嫌味とも取れるけど、芹沢さんは新選組の思惑に気付いているようです。

とうとう会津藩から芹沢さん排除の命が下ってしまう。
心痛な面持ちの近藤さん。目に余る芹沢さんの所業に今まで苦労させられてきたけど、やはり自分たちで手を下すとなると空気が重くなるのは当然。
沖田だけはやる気十分ですが・・・

芹沢さんを酒宴に呼び出した土方さんたち。
聡い芹沢さんなら、これがどういう意味か察するのは簡単。

そろそろ帰るという芹沢さんは、龍之介にはゆっくりして来いと。
「永倉くん、後は頼んだぞ」
これは場を頼むではなく、自分が死んだ後、残される龍之介を頼むと言う意味も含んでいますね。

足止め係は斎藤さん。帰ろうとする新八、平助、龍之介にここに居てもらわなければ困ると・・・
いや、これは人選ミス?斎藤さん、止め方がドストレートですよ。

初期からの仲間なのに新八と平助は何にも知らされてなかったのか。
同門である新八が駆けつければ、対立してしまう可能性もあるし、平助は顔に出ちゃうよね。
それより、2人には仲間殺しはさせたくなかったんだろうな。

芹沢さんを待っていたのは遠ざけたはずのお梅さん。
今夜、土方たちが殺しに来るだろう。とうに気付いていた芹沢さんはお梅さんにすべてを話すが、それでも一緒に死なせて欲しいと言う。
添い遂げたいと思うまでに惚れ込んでしまったんですね。

斎藤さんの足止め失敗で芹沢さんの元へ走る龍之介。
新八まで駆け出して収拾が付かなくなってる。決行を知らされなかったのは信用されてないからか?
新八の気持ちも分かるけど、それは新八を生かすため。斎藤さん、言葉が少なすぎて伝わりませんよ。

とうとう互いに刀を抜く事になってしまった。その隙に龍之介逃走。
峰打ちで新八を止める斎藤さん。やっぱり剣の腕では敵いませんね。

芹沢さんが寝入るのを待って屯所に押し入った土方さんたち。そこで目にしたのは事切れたお梅さんの姿。
巻き込まれて恐怖の中で死なせるのが忍びなかったのか、女が居る事で相手が躊躇しないよう先手を打ったのか・・・

遅かったなと土方さんたちを待ち構えていた芹沢さん。土方さんたちだって相当な手練なはずなのに格が違います。

「新選組のためならどんな罪でもかぶってやる!地獄の鬼にでもなってやるさ」
土方さんたちの覚悟の前に圧されていた芹沢さんですが、そこに龍之介が到着してしまった・・・

病の芹沢さんを殺さないでくれ!
そんな龍之介の訴えを切り捨てる土方さん。もう引き返せないところまで来てしまっている。

その隙に芹沢さんが変若水を飲んでしまう・・・
羅刹となった芹沢さんに刀をはじかれ、蹴られと苦戦しますが、劇的に強くなったという印象は無い。
手加減してるのかな?

芹沢さんが変若水を飲む必要はなかったと思う。
しかし敢えてそうすることで、仲間殺しの重荷が少しでも軽くなるようにという配慮だったのかもしれません。

龍之介に生きろと言葉を残し、鬼となる覚悟を決めた土方さんを認めて散った芹沢さん。
自ら悪役を演じ、武士としての険しい道を進む覚悟を伝えた彼の生き方は多くのことを残しましたね。

生きろと言われ逃げ出した龍之介を追い詰めた沖田。
ここで止めを刺さず、龍之介を運に任せたのは彼なりの優しさだったんでしょうね。

新体制となった新選組。
新見から変若水の研究を引き継いだ山南さんが既に病み始めてる感じが怖いです。

龍之介は江戸の戻ったようです。そして京に向かう千鶴とニアミス!
千鶴登場にキュンキュンしちゃいましたよw

芹沢さんの最期の言葉を守り生きて行く龍之介。これにて黎明録エンドです。
くっそー!最後の芹沢さんの笑顔は反則だろ!!

芹沢さんの物語でしたね~
正直、自分的には龍之介は居ても居なくてもどっちでもいいキャラだったわけで・・・
まぁゲームのED後まで見るとそれなりにいい仕事もしてるんですけど、アニメだけだとウザさのほうが勝ってたかも・・・

芹沢さんは新選組にとっては必要悪だったんでしょうね。

2期は?と言いたいところですが、黎明録はもういいかな。本編に入るってのw
BD特典かOVAで後日談の補完くらいなら見たいですw


http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3844-9aad826a
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2358-fa3d766d
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/8d63ea7faba30e3b6c64232fcaef0bf0/ac
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/909730
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/685-9b5e8795
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1441-5c0994bd
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5576-3c3103f0
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/3459-e62ec951
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/448-9bddbc34
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2539-0dce4363
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/851-396cb463
http://higasitb.blog.fc2.com/tb.php/84-c1b842e9
http://heroscomeback.blog66.fc2.com/tb.php/1741-0ad813ab
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/d6b6fad9a2
スポンサーサイト