人類は衰退しました 第8話「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」

第8話「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」

お爺さんに助手さんの特徴を尋ねるわたしちゃん。
彼は不確実な存在?でもマッチョなのかよw

助手さんの担当医も不明瞭な存在だとおじいさんと同じような印象。

妖精さんのバナナのせいで時間軸飛びまくりのわたしちゃん。
怒られて出会って、転んですっ飛んでの繰り返し。
その間も記憶は曖昧でよく覚えていない。

さすがの女医さんも違和感を覚え始めたみたい。
始めましてを無視していきなり話の続きから。

その後も増えて行くかまどの前のわたしちゃん’s
暢気にお菓子作りを楽しんでますね。

新型バナナで何週目か分からない世界に飛ばされたわたしちゃん。
やっと会えた助手さんは活発&繁殖大好きというエロガキじゃないか!w

助手さんはわたしちゃんにセクハラし放題。ウブなわたしちゃんが可愛いです。
カッコイイと腕日時計を取られてしまったんだけど・・・

またも林の中のかまどへたどり着いた。わたしちゃんがありえないほどに増えていた。
一つ前のバナナのバグで遠くに飛ばされてたのかw
バナのバグって何だよww

薄っすら記憶が残っていたわたしちゃんは他のわたしちゃんたちに助手さんのことを訊いて見ることに。
逆にどんな子ならいいと質問される?
優しくて側にいてくれて・・・他のわたしちゃんたちも口々に自分の助手さん像を語り始めるが皆同意見。

そして6週目。またおじいさんに叱られたよ。ホント叱られ過ぎだよねw
広場に行くと大量の犬と本物の助手さん。やっとご対面です。

探し物は見つかりましたか?
わたしちゃんの問いかけに頷く助手さん。

言葉を持たず、孤独だった助手さんは自分と他人を区別する個性を知らなかった。
それで考える事が出来た助手さんは自分探しの放浪をしていたという事でいいのかな?

自分で自分が分からないなら、自分の噂を集めて個性にしようとしたみたいですね。
噂を集めやすかったのがわたしちゃんたちのお茶会ってことですか。

助手さんが連れていた犬は『タイムパラドッグス』
え?駄洒落?まさかこれは言いたいがためにこんな壮大な物語にしたんじゃあるまいなw

腕日時計ですが、自分でむしり取った物をプレゼントだと言ったと指摘した事から、飛ばされた遠くで出会った助手さんは幼い頃のおじいさんでしょうか?
随分バグってましたね、バナナw

原作を読んでいないので軽く混乱。2回見たわw

これが時系列的に一番古い話なのでしょうか?
正直これが最初だったら視聴を続けていく自信はありませんでしたw


http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/55468568
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/338-466d22d5
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/3574-bb18366e
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1040-d9a3baf4
http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1497-9e30a877
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1854-9da95988
スポンサーサイト