TARI TARI 第8話「気にしたり思いっきり駆け出した」

第8話「気にしたり思いっきり駆け出した」

流鏑馬の練習中に落馬してしまった紗羽。
怪我は大した事なかったけど、検査で無理なダイエットがばれてしまいました。

流鏑馬の出場は見送り。
他の人に迷惑を掛けてしまったのだから、仕方のないペナルティ。
しかしそれを遊びだと言い切ってしまうのもどうかと・・・
娘を心配する父の気持ちからですが、頑固なところは似たもの親子ですね。

母にこのままでは騎手の学校に入れないことを打ち明ける紗羽。
身長は自分ではどうしようもありません。親の身長までチェックされるのかぁ。 シビアな世界ですね。

金は出してやるから大学へ行けって・・・本当は心配なのにこんな言い方しか出来ない不器用なお父さんです。

メインステージの練習で声楽部が音楽室を使ってしまい、練習場所が無くなってしまった合唱部。
みんなが練習場所の確保に必死なのは分かるけど、これって告知とか無いのかな?
どう考えても教頭がジャマしているようにしか感じない。

相変わらず声楽部の子、態度悪いなぁ~
合唱部はお遊びだと言われて、紗羽がキレた!

父に自分の夢を認めてもらえない事と自分ではどうしようもない壁。
教頭に敷いてもらったレールの上を歩いているだけの人に言われたくない。
知らないから出来ない事はない。チャンスさえ与えてもらえない悔しさ。

いつもと違う紗羽の様子に一旦離脱。
5人はそのままピアノがあるというウィーンの家へ。

電車の中でいきなり恋バナを始める来夏。
完全に紗羽が恋わずらいしていると勘違い。
和奏もナイスガイポーズで応援?吹っ切れてからどんどん面白いキャラになっていくなぁw

ウィーンの家。豪邸ではないですか!
いつも温厚なウィーンですが、来夏がヒーローフィギュアを触った時に表情が固まりました。
レッドは遠いところで重要な任務についている。ウィーン回へのフラグですかね。
結局長く放置されたピアノは調律しないと使えず、紗羽は帰ろうとしてしまう。

やっと来夏の誤解は解けたけど、紗羽は一旦離れてみればと言う和奏に反発。
長いトンネルから抜けて母と母の音楽に向き合うことが出来た和奏。
なんか悟ってますね。

離れる事は諦める事?それを甘えではないかと自問自答。だけど答えはまだ出ない。

教頭!またか・・・
教頭から呼び出しを受けた来夏と和奏。
メインステージ使用の選考会を辞退しろとな?

お断りします!
音楽に愛されていないと言われた来夏。でも誰かと一緒なら少しだけ愛される。
音楽は1人で技術を学ぶものだと思っていた和奏も1人では奏でられない音楽の楽しさを見つけたようです。

和奏と高校時代のまひるさんがシンクロする教頭。
まひるさんの事は好きだけど、彼女の才能に嫉妬していた部分も感じさせますね。

生徒の可能性を伸ばすのが教師の役割だと正論を言われてしまえば参加を許すしかありません。
証明して見せろって、おまっ!・・・まぁいいですけどね。

選考会は今日!?また唐突だなぁ。何故合唱部はその事を知らないんだ?
公の情報は皆に開示されるもんだろ?

休んでいる紗羽に連絡を取るが携帯に出てくれない・・・
来夏の留守電。和奏からのメール。

お父さんGJ!やっぱり娘が一番大事だった。
紗羽のために騎手の学校へ電話をして娘の本気を伝える父。
坊主を怒らせたら地獄に落とされるのかw敵に回したくないものですなぁw
父の思いを感じても素直になれない紗羽。でもちゃんと想いは伝わりましたね。

再び来夏から電話。歌っちゃうのかぁwww
でも不器用な励ましに今から行くと。本来の紗羽に戻りましたね。

自転車は学校。サブレで駆ける紗羽。見た人はそりゃ驚くだろうなぁ~

選考会が始まる。合唱部は1番目。何の嫌がらせだよ。
紗羽を待つ合唱部。ウィーンそれはダメ!非常時ではあるけど、非常ベルはマズイですw
そこにタイミングよく教頭に電話だと放送が入る。
和奏がどこかに電話してる?何気に黒いですねぇ。

しかし引き伸ばし作戦も限界。
覚悟を決めて4人でステージに上ったところで紗羽間に合ったーーーっ!

紗羽父に泣かされましたよ。
和奏の父といい、親父がいい仕事するアニメはいいですね。

次回は合唱が見れるのでしょうか?
駐輪場に馬!?なかなかシュールな光景でしたねw


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51684428
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsux2/51836330
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/4655-4f90fe3f
http://maguni.com/index.php/trackback/1747
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/336-2cd01328
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2215-634b98f3
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52291808
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/3571-a67db143
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/trackback/876669/63885312
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1112-0feeb07c
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3790-a19f07ae
http://diconoir.blog94.fc2.com/tb.php/688-ab41a479
http://subcul.jugem.jp/trackback/2622
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/3026-7e717dcd
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3125-2bb565bc
http://firstsnow2.blog.fc2.com/tb.php/405-1555319a
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/1043-1c877582
http://kyotofan.net/books_anime/taritari/choral08/trackback/
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/tb.php/3104-043cd40d
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/2124-c9cf12b3
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52291182
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1853-dcd15e39
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/voler/52983869
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/1906-b11de471
スポンサーサイト