薄桜鬼黎明録 第6話「闇よりの咆哮」

第6話「闇よりの咆哮」

芹沢に呼ばれた近藤、土方、山南さん。
綱道さんと対面し、変若水の存在が彼らにも知らされました。
幕命とはいえ、なんとも胡散臭い話です。最初から難色を示す近藤さんたち。

待機を命じられていた斉藤や左之たちは邸内から響く悲鳴を聞き、駆けつける。
そこには人とは思えない動きをした何者かが暴れまわっている。

斬りつけても倒れず、傷口はすぐに塞がってしまう。
こんなのどう対処すればいいのか分かりません。

何度も覚悟が無いなら行くなと止められているのに、首を突っ込んじゃう龍之介。
刀を構えたのはいいけど、動く事も出来ず土方さんが止めを刺すのを見ているしかなかった。

変若水は超人的な戦闘能力をもたらすが、それと同時に理性を失い見境なく人を襲ってしまう。
改良の余地があるとは言われても、人を実験に使うのですからホイホイと認められるわけがない。

暴れていたのは浪士組の隊士。
隊規違反で粛清する予定の隊士を使っただけ。最期が切腹じゃ無かっただけ。芹沢さん割り切ってますなぁ。

山南さんは新見を局長から下ろし、研究に専念してもらう事を提案。自分がそのフォローに入り、監視と力の分散を図ったんでしょう。
ホント淡々と笑顔の策士ですよ。

龍之介に覚悟を問うていながら、自分自身迷いがあることを自嘲気味に話す土方さん。
励ます源さんが良いですなぁ。源さんは薄桜鬼の癒しですわ。

新入隊士の挨拶。
島田さんや山崎が入隊。山崎の最後を思い出すと胸が痛くなるわ~

京都守護職が置かれた事で不逞浪士は京から大阪へ移動。
ここでは成果が上がらないと大阪行きを決める芹沢さん。

ついて来いと言われた龍之介が小声で文句を・・・地獄耳は聞き逃さなかった。
龍之介も学習しないよなぁ~鉄扇制裁を止めてくれたのは同じ芹沢門下の平尾さん。マジいい人。
自分が大阪に同行し、龍之介には鬼の居ぬ間の何とやらで京に残してくれたらしい。

残った土方さんは平助に新見と綱道さんの動向を探らせる。
と言ってもストレートに聞いちゃってますけどねw

左之さんたちに弄られているいつもの平助ではありません。
やはりこの人も信念を持って京までやって来た隊士なんですね。
平助の語り、格好良かった。しかし綱道さんは余裕で聞き流してましたね。

大阪遠征組が戻ってきたが、様子がおかしい。
怒りを露にする近藤さん。他の隊士も皆浮かない表情。総司だけが薄ら笑い。また何やらかしたんだ?

有名な大阪力士乱闘事件です。
事実は曖昧な部分が多いですが、丸腰の力士を芹沢さんと総司が斬ってしまった。
相変わらずのトラブルメーカーっ振りを発揮したんですね~

事あるごとに首を突っ込んでは覚悟を問われて来た龍之介。
最初は期待を含んだ「覚悟」でしたが、最近は無いならすっこんでろ!の「覚悟」になってます。
自分の身も守れない龍之介。彼が自分の「覚悟」を見つけ向き合うことが出来るのでしょうか?


http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/1387-56c2e29d
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e1169ad8bb80818f2d42e28314bc82cf/ac
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/624-d0074dc7
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2191-f4002df2
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/3543-f72ed105
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3781-dc073564
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5523-f158677e
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/319-bdf61f09
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/2506-87002079
http://higasitb.blog.fc2.com/tb.php/41-5a19a2c1
http://heroscomeback.blog66.fc2.com/tb.php/1710-f34d420c
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/55431390
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/785-e0fc4fed
スポンサーサイト