超訳百人一首 うた恋。 第2話「貞明と綏子」

第2話「貞明と綏子」

ツンデレキターーーッ!

わずか9歳で皇位を継いだのは高子の息子・貞明。
周りの大人にいい様に利用されていることが分かっちゃってるから、ひねくれる、ひねくれる。

彼の教育係兼お世話係は前回の主役・在原業平。

今回のヒロインは貞明の妹宮の遊び相手・綏子。
ほんわかな雰囲気の綏子が気に入らない貞明。

出会った時から気になって仕方がないのはバレバレですが、如何せん愛だの恋だのはまだまだ早いお子ちゃま。
好きな女の子にちょっかいを出して泣かせちゃう典型的な小学男子ですよw

カエルの鳴き声ひとつ取っても、ただうるさいと感じる貞明とその命に思いを馳せる綏子。
どうしても綏子に一泡吹かせたい貞明はヘビを使ってカエルを捕獲。

庭中に放たれたヘビにモザイク処理が・・・どんだけエグい情景だったんでしょうgkbr

口からカエルの足を食み出させたヘビを近づけられてさすがの綏子も「貞明様なんか大っ嫌い!」と・・・

そんな天邪鬼な貞明に歌を勧める業平。
歌は普段口に出せないような自分の素直な気持ちを言える。

歌に興味を示さない貞明ですが、業平にいつまでお仕えできるか分からない。
遺せるうちに貴方に何かを遺したいと言われれば従うしかありませんね。

程なくして業平は他界。
高子の膝で業平を気に入っていたと泣く貞明が・・・

政治に波の飲まれて貞明は17歳で隠居の身となってしまう。
そこにまたまた政治的な思惑から貞明に嫁ぐ事になったのが綏子。

どうせ互いに意にそぐわない結婚だと綏子に浮気を勧める貞明。
利用され、裏切られ、人を疑うようになってしまった貞明。
綏子に対しても相手の心を試すような事ばかり言ってしまう。

浮気はしない、正直好きではないけれど夫婦になったのだから貴方に恋をするという綏子。
「私は貴方を裏切ったりはいたしません」
貞明の孤独を理解しているんですね。柔らかな雰囲気の中に強さを持った素敵な女性です。

通い婚ですから朝には帰ります。
妻の家を出たら朝のうちに文(和歌)を送るのが慣わし。早ければ早い方が思いの強さが伝わるそうです。
まだ家路の途中の牛車の中で歌を詠む貞明。

あるかないかの想いでさえも 
  積もり積もって
    今はもう君の事がとても愛しい

まだ自覚さえ出来ないほどに小さく芽生えた想いが、気付いた時には溢れんばかりの愛しさに変っていたんですね。

もう貞明可愛過ぎるだろw
素直に気持ちを出せない夫に変ってくれというのは難しい。
綏子が自分の気持ちを素直に出していく事で、2人の関係はより深く結びついていくんでしょうね。

暴君と伝えられている陽成院ですが、本当のところはどうだったんでしょうね。
素直になれないけれど、心の中は綏子にメロメロな貞明を想像すると暴君もすごく可愛く思えますね。



http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/923-4e9a1575
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/736-4f628dd0
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/tb.php/3927-e6667a97
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1985-aa05713e
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5476-4d29e77a
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3727-ff1a49ec
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/191/0819b59c/trackback
http://hikage27.blog130.fc2.com/tb.php/1726-8ff268f6
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/1c63c1e647
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9322-214d1467
スポンサーサイト