FC2ブログ

黄昏乙女×アムネジア 第10話「喪失乙女」

第10話「喪失乙女」

夕子さんの重過ぎ過去。

疫病が蔓延する村。
夕子さんは疫病で家族をなくしたアサちゃんを気にかけていた。

鉱山の町ってことですから、病気というよりは鉱毒とかじゃないんですかね?

妹の紫子さんは霧江のお祖母さんですね。
霧江に似てキツそうな印象ですが、夕子さんを心から心配している良い妹さんです。

村長たちが今後の対策を話し合うものと思い、自分たちにも関係があると学校へ行った夕子さんと紫子。
蔓延し、終息の兆しのない兆しのない疫病に村人も疲弊し、誰かがこれは神社の呪いだと言い始める。

空襲で焼けてしまった神社跡に学校を建てたことが悪かったんじゃないか。
今からでも人柱を建てて神の怒りを沈めなければならない・・・
60年前でもそんな話がまことしやかに通ったりした時代なんですか・・・

この話を聞いてしまった庚姉妹。
村人に追いかけられますが、何とか見つからなかった。
逃げ込んだのが現在のの怪異調査部の部室とは・・・

今にも死にそうな者や罪人、老人では効果がないと言っていたことから、1人暮らしのアサを心配して家に同居させた夕子さん。

夕子さんがアサに会うのを反対していた紫子もさすがに村人の話を聞いて譲歩したか?
しかしシスコン気味の紫子はやはり夕子さんが心配。
アサと関わる事で夕子さんに何かあってはいけないと苦言を呈しますが、この頃の夕子さんは正義感の塊みたいな人。
姉妹の思いはなかなか通じません。

風呂から上がるとアサが家から消えていた。
人柱にされたとアサを探した夕子さん。
アサは人柱ではなく、人柱を選ぶ銅人(アカヒト)にされていた。
アサが探しに来た夕子さんの名を呼んだ事から、夕子さんがアカヒトさんに選ばれたと穴に放り込まれてしまった。

なんとも自分勝手な論理です。
それほど追い詰められていたと言う事でしょうが、これはちょっと容認できかねますね。

穴に落とされた夕子さんは骨折。出血はもしています。
どの道助けが来なければ死んでしまう状況です。

始めはアサや紫子が人柱にならなくて良かったと、自分の死を受け入れたかに見えた夕子さんですが、祠の鏡に映った自分を見て恐怖が襲ってきた。
死にたくない、何でもするから助けて!

死も恐怖も受け入れられなくなった夕子さんはこれは自分に降りかかった事ではない。
自分は誰も恨まないと、憎しみの感情を切り捨ててしまった。

影夕子さんの恨みは夕子さんを死に追いやった村人やアサに向けられた以上に、負の感情を押し付けた夕子さんに向いてしまったようです。

一部始終を影夕子の記憶の中で見ていた貞一(ショタ貞一だったのはなんで?)
彼は夕子さんと影夕子に対してどう接するのでしょうか?

夕子さんの過去が暗いものだろう事は想像していましたが、ここまで理不尽でやるせない話だったとは。
まるで横溝正史の世界です。


http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/1959-75833ebe
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7523-15ef5e69
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2194
http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1806-c2f0848d
http://nobufu.blog.fc2.com/tb.php/141-6b69a4f5
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/221-64e82e46
http://blog.so-net.ne.jp/animated-cartoon/2012-06-13/trackback
http://hikage27.blog130.fc2.com/tb.php/1655-86f9e995
スポンサーサイト