FC2ブログ

坂道のアポロン 第9話「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

第9話「ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

前回、視聴者を敵に回してしまった(違)淳兄が一気に株を上げましたね。

クリスマスパーティに誘われる薫。律ちゃんと千太郎は教会のクリスマス会へ参加するためにパス。
一旦は断った薫ですが、2人とは距離を置いたほうがいいとパーティに参加。

しかし律子と千太郎が気になって楽しめないようです。
帰りにバッタリ律子と出くわした薫は、律子の毛糸を見て千太郎の誕生日に間に合うといいな、と言ってしまう。

薫も自分の事になると途端に鈍感くんになりますね。
律ちゃんの気持ちが自分に傾いているなど夢にも思っていませんし、薫が望むのは律子の幸せです。

気になる男の子から他の子との仲を応援されればイライラしちゃいますね。
一度振ったのに渡せるはずがない・・・
途中まで編んだ手袋 を捨ててしまった律ちゃん。それでいいのか?

帰ると千太郎が待っていました。
律子の気持ちに気付かず傷つけていた事を謝る千太郎。でも律子の気持ちには応えられないと・・・
千太郎の律ちゃんへの気持ちは家族への愛情ですね。
ちょっと前なら、こんな事言われたらすごく傷ついていたでしょう。でも今は違う。

律ちゃんが薫を意識し始める時期がずれたのは逆に良かったのかもしれません。

東京で出版社を手伝わないか。
昔の仲間に誘われ、東京行きを決めた淳兄。
親には勘当されてるし、もう故郷に戻る気はないようです。

百合香に別れを告げる淳兄。
このまま離れてお終いにしてしまうのか?

振ってしまった事が気になり、自分の気持ちに立ち往生していた律子も千太郎にハッキリ言われた事で前を向く事が出来たみたいです。
ゴミ箱に頭を突っ込んで一度は捨ててしまった編み物を探す律子。
通りかかった百合香まで手伝うと言い出します。

大切なものは手放してはいけない。ただ終わりを待つだけはやめる。
律子も百合香も大事な事に気付いたようですね。

このまま淳一に会わずに別れるのは良くないと千太郎にビンタまでかます薫ですが、千太郎は煮え切らない。

千太郎と淳兄を思って悶々としていた薫ですが、2人はセッション語り合う。
イメージは殴り合いか・・・この作品は本当に音楽が言葉よりも語りますね。
セッションが熱かった。千太郎のスティックの動きがいいなぁ。~

ホームで百合香が待っていた・・・ 見送りを断ったのにやって来た。
事後じゃなかったのか・・・キスまでしかしていなかった。
すっかりミスリードに乗っけられてしまった。大事に思っているからこそ、どうなるか分からない自分の人生に百合香を巻き込むわけには行かないと手は出さなかったんですね。
くそぅ、淳兄ぃ心までイケメンだったよ!

自分の世界に戻ります・・・さよならと背を向ける百合香。
そこへ両親が百合香を探す両親の声が響く。見合いを抜け出して会いに来ていたのか。

自分の世界って親の言いなりに見合いして結婚して、家のために生きるって事ですよね。
百合香の涙を見て淳兄が思わず百合香を掻っ攫ってしまった!
おお、駆け落ちぃぃぃ!

この2人どうなるんだろ?って思ってたんですが、きれいにまとめましたね。
青春ラブロマンスを地で行くような話だけど、この時代ならアリって感じがします。

ピアノに置かれていた手袋はもちろん律ちゃんからだよね。
薫の恋愛も再び動き出しそうかな?というところで次回です。
もう30分早過ぎ!


http://spadea.jugem.jp/trackback/16064
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2174
http://subcul.jugem.jp/trackback/2555
http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1798-fa96a74c
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/549-a402d90f
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1965-691d4875
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/106-04d2cbf2
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3679-da8f1081
http://hikage27.blog130.fc2.com/tb.php/1648-b0598c93
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/5990-d670ff78
スポンサーサイト