FC2ブログ

ヨルムンガンド 第7話「African Golden Butterflies phase.2」

第7話「African Golden Butterflies phase.2」

今回は音響がちと残念だった。BGMが大き過ぎて台詞が聞き取りにくい部分がありました。
戦闘シーンの曲は格好良くてテンション上がったんだけどね。

カレンの戦闘スタイルはかつてバルメの部隊を全滅させた男と同じものだったんですね。
一人生き残ったバルメはその男を捜していたんですね。陳なのかな?

他の兵士なんてお構いなしに飛び出すバルメ。
援護しろ!って全然弾飛んで来ないぉ。つか姉さん雪山なのに足速すぎ!

カレンの使う技について話してもらうと詰め寄るバルメ。カレンは無口なんでね、と拒否。
バルメは吐かせる気満々ですね。こういう時の敬語ってマジ怖いわ。
殺陣とか良くわかんないけどバルメとカレンの戦闘かっこいい!

その頃ココは陳と会食。
当たり障りのない会話に苛立ちながら聞き耳を立てているスケアクロウ。
新キャラ?ショコラーデ。この人もCIAですよね。
スケアクロウが噂どおりのくそったれな事に衝撃&感動するショコラーデw
ゆる~い感じですが、スケアクロウより断然いいなこの子w

ドクターマイアミは銃撃戦の音に眠れず、モコもお守りが大変そうです。
案外ココが追ってきたんじゃないか?ドクター分かってて言ってるでしょ。

ココからも陳からも逃げるのは難しい。
陳と付き合うのはチャーハン奢ってくれるから。まぁそれは半分本気で半分冗談なんだろう。
ココの野望にドクターはどんな形で関わろうとしているのでしょうか?

キャスパーとも面会したいと言う陳に辞めておいた方がいいと言うココ。
彼は食い散らかすだけ。ジャンクフードが好きなんですよ。
これは何を比喩してるんだろう?陳のような表と裏を使い分ける人間が嫌いなのか、ジャンク以下と言いたいのか・・・
意味はなかったりして。

ココと陳はお酒も入り、本音がチラホラ。
陳はここを抱き込みたいようですが、ココはそれを即答でお断り。
キャスパーに近づくためにまずはココ攻略を狙ったようですが、そう簡単に行くような兄妹じゃありません。

雪山での戦闘は元山岳部隊だったヨナが敵は雪山での戦いに慣れていない事を見抜いて一方的に運ぶ。
銃撃が止み、立ち上がった兵たちをレームが確実に仕留めていく。
市街戦では使えても雪山ではかってが違う。カレンさんは人選を間違えましたね。

バルメ姉さんつえぇぇぇ!
前回スケアクロウの部下を一撃で伸したカレンも相当強いと思いましたが、格が違いましたね。
カレンが弱いんじゃない。バルメが強過ぎたんだ。

腕を封じ、足を封じ、男の正体を吐かせようとするバルメを拷問して吐かせるのはギャングのやり方だと止めたのはレーム。

ミッションはあくまでドクターの保護。
部下を失い傷ついたカレンはかつての自分。バルメに名を名乗ったカレンとの対決はあるのでしょうか。

ココはショコラーデに話をつけて無事に陳の下から無傷で帰還。損得で動くスケアクロウを上手く使いましたね。
ココ、さすがです!とデレるバルメが見えるよw

ドクターとすれ違いになってしまったココ。貝に負けたのねw
次は半年後に再会のようです。

お次はイギリスに飛ぶココ一行。チェックインで止められたヨナ。
尻に弾丸が入っている。ココが説明してやっと通してもらえましたが、後ろで子供で時間を取るのは親が悪いと文句を言う男が・・・
ココが笑顔で謝ったのに、バルメ姉さんのココLOVE魂に火をつけちゃったよ!gkbr
相手は一般人です。姉さん自重してください!でもこんなバルメ好きw

手術して弾を取り出せばいいと言われるヨナ。
手術は怖くないけど、注射が・・・

ヨナ、子供みたい!って子供だったwww

いいオチがつきましたね。バルメの暴走気味の戦闘や、ココと陳の胡散臭~いやり取りの後のギャグは効きますねw
 ヨナの天然に癒されたわwバルメ主人公回だったのにヨナが持って行っちゃいましたねw
 



http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3655-08222879
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/57-b943a1d2
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/1886-cd639406
スポンサーサイト