FC2ブログ

未来日記 第24話 「検索中」

第24話 「検索中」

『お前、狂ってるぞ』
とうとう本人に向かって言っちゃいましたね。

1周目の由乃が2周目と入れ替わったことを知った雪輝は由乃を全力で止めようとする。

街はもう無人かと思いましたが電車が動いているという事は人はいたんですね。
崩壊が始まった世界で悠長に電車が走っているとは・・・

場所を移したムルムル。
由乃を殺すことは出来ない・・・相当由乃に感情移入してしまっている雪輝に
ユッキーが私を殺せないなら、私がユッキーを殺してもいいじゃないと言い出す由乃。

雪輝が神にならないなら自分が神になって世界を繰り返す。
世界を繰り返せば、また大勢の人が死ぬ。

どこまで行っても会話は平行線です。
誰かが神にならなければどの道世界は崩壊する。
ここで非情になり切れない雪輝は甘いですが、今さらそれを責める気も起こりませんよ。

もう死んでいいよ・・・ムルムルによって落とされる雪輝。これでジ・エンド?
落下しながら自分が由乃と同じ事をしてきた事にやっと気付いたか・・・

ムルムルは2ndの勝利を宣言しようとするが、落ちたと思ったら這い上がって来たぁぁぁ!
時折見せるヘタレじゃないユッキーですよ。
愛してる・・・は?なんか取って付けたような感じがしなくもないが由乃を止めたいと言う気持ちは本物なんでしょう(そう思いたいわ)

雪輝の姿に動揺する由乃。根本的に雪輝LOVEですから、また会えるなら目の前で好きな人が死んでもいい・・・とはならなかった。
由乃はそこまで堕ちてなかった。 いや、スイッチがオフだったのか・・・

足を踏み外してしまい再び落ちて行く雪輝を救ったのは
みねね様!?は?ホワァイ??

金庫を爆破して死んだのかと思ったらデウスに助けられていた。
ムルムルの目的に気付いたデウスから未来を正しく導くために知識と力を与えられていた?

もうみねね様復活で後がどうでも良くなりそうだったわ。

さてみねね様の登場で分が悪くなったムルムルは由乃を連れてタイムリープ。
3周目の世界―ちょうど2年前の7月28日へと飛んだ。

由乃の目的は神になり、時間を巻き戻し何度も雪輝との時間を過ごすこと。
このシュタインズゲートの選択は間違っているだろう。そこに救いは無いもの。

2年前なので他の日記所有者も生きてますね。世界線自体が違うのか?
未来日記はまだ製作中ですね。

日記により由乃1たちより早く到着したことを知った雪輝たちは我妻家へ。

子育ては母親任せで帰って来ない父親。由乃の母親は完全に病んでますね。
これが言葉も通じない赤ん坊なら追い詰められるのも分かるけど、反抗するわけでもない小学生相手ってのが分からない。
精神的に逝っちゃった母親は由乃を置いて消えてしまう。自ら命を絶ったのかな?

由乃3を殺させないためにも生存確認。この世界の由乃に干渉するなと言われた雪輝ですが、おせっかい病が発症。
閉じ込められていた由乃は畳を食べて生きようとしていた。悲惨過ぎる・・・
雪輝にとってはどの世界線の由乃も由乃には」変わりないんですね。

遅れて到着した由乃1は雪輝に殺し合いを申し込む。しかも逃れられないように両親を人質に取っていた。

みねね様の機転でその場を離脱しますが、雪輝は両親の姿に後ろ髪引かれまくってます。

お前の両親は死んだ。本当に助けたいのは誰だ?この期に及んで揺らぐ雪輝に喝を入れるみねね様。
でも由乃3はしっかりと助け出してます。なんだかんだでいい人。

みねね様の再登場は予想の斜め上を行く超展開でした。
雪輝1人でどう対抗するのかと思いましたが、助っ人が来てまずは安心でしょうか。

デウス早くからムルムルが由乃と共に来た1周目だと気付いたいたようです。
ムルムルへの対抗策を残していたことなど、予想外の展開は盛り上がります。
未来日記はこういう逆転劇が面白いですね。

本編Cパートはまさかの我妻ママン。
ちょっとしつこかったかなw


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/6620-9b0b376b
http://spadea.jugem.jp/trackback/15352
http://subcul.jugem.jp/trackback/2461
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/3260-7879f28a
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/brook0316/11207118413/51fbf2da
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/2826-c76ab68e
http://maguni.com/index.php/trackback/1634
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/gintoki-sakata-vol2/11210531193/dbd0f3b8
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1827-ddb0c639
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1916
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/wv002524/11212275673/09ca3bd8
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52261258
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/tb.php/2840-896cf2b8
http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/tb.php/5064-faccf1a3
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/voler/52943305
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201204020000/
スポンサーサイト