FC2ブログ

未来日記 第22話 「切断」

第22話 「切断」

雪輝が神になることで本当にリセット(死んだ者が生き返る)出来るのか?
デウスに問う秋瀬。その答えは・・・

デウスから聞いた情報を雪輝に伝えようとした秋瀬はデウスに拘束されてしまう。

観測者?秋瀬は刻々と変わる日記所有者の情報を集めるためにデウスが作った存在。
高度な情報集積体?ここへ来てとんでもない事実発覚。

秋瀬の行動に彼の意思はひとつもないと言うデウス。
そこにひとつでも秋瀬自身の意思が確認できれば存在を認めてると言うが、アカシックレコードへと還されて行く秋瀬の体が解体されていくよぉ。

現実では日向たちが必死で何か作業中。こっちで眠る秋瀬の体も解体されていく。
これは立派なホラーじゃないか。

消える寸前で秋瀬に届いたのは8thに孫日記化してもらった探偵日記。
観測するだけの日記から、未来を変える日記を手にしたことでデウスから解放された秋瀬は雪輝に事実を伝えるために急ぐ。
BGMが熱いわぁ~かっこいいなぁ(ホモなのにw) ドサマギで雪輝への愛まで語っちゃってますw
王子もGJでしたわ。

由乃が発動しっぱなし状態。
待ち構えていた秋瀬。雪輝君に話があると言うのに待ったなしで攻撃。
しかし秋瀬は由乃の行動を読んでいた。
秋瀬の探偵日記は所有者の行動を予知するもの。これでは対抗するのは難しいです。

雪輝に8thを追わせる由乃。
しかし足止めされたのは由乃の方でした。さすがヤンデル人は違います。
自らを刺し、自分を放置すれば雪輝はどう思うかと秋瀬の気持ちを利用してきます。
ヤンデレこえぇぇぇ!

追いついた雪輝は日向から死んだ者は生き返らないと聞かされる・・・

雪輝に日向の声が届きそうだったのに、「秋瀬に殺される」と由乃から電話。
秋瀬ったら由乃に止血処置しちゃってたのね。

日記所有者の戦いで裏切られ、騙され、利用させてきた雪輝が人を信じられないのは仕方ない。しかし肝心なところで選択を間違える主人公はある意味とても人間臭いと感じます。

先回りされた・・・
説得して来た日向を撃ち殺し、日向がどれほど雪輝に感謝していたかを語るまおを撃ち、王子まで・・・
雪輝に本気でぶつかった王子が最期に輝いてました。ユッキークズ過ぎる。

由乃は自分が勝者になるために雪輝に勝ち続けてもらわなければならなかった。
すっかり騙された。由乃も神になりたかったのか?

由乃を挑発するかのように雪輝にキスをする秋瀬。
由乃さまご乱心。つかもうバーサク状態。

雪輝を神にすることを誓った秋瀬は由乃と対峙する。
由乃の日記を破壊したのに由乃が消滅しない?

日記は確かに本物の反応を示した。しかしユッキーと書かれていたはずなのに雪輝君になってる?
秋瀬は首を切られた状態でどんな動体視力してんだよ。
我妻家から見つかった3体目の遺体。未来日記がふたつ?
秋瀬の推理は何を結論付けたんだろう?

秋瀬を放置して8thに止めを刺す雪輝と由乃。
雪輝に子供たちが安心して暮らせる未来を託して最期を迎えた8th。
最後の最後までいい人だった。

秋瀬しぶとい。執念ですね。
自分が知る情報を雪輝に伝えなければと追ってきました。
喉を切られたため声は出ないが、それでも伝えなければいけないと・・・

駆け出す由乃。もしかして秋瀬・・・マミった?サブタイの「切断」てそういう意味だったのかぁ~
秋瀬は携帯で何かを伝えることには成功した?

雪輝が由乃以外から切断されてしまった。完全に雪輝のそばには由乃しかいない状態になってしまいました。
デウスも崩壊してしまった。ほくそ笑むムルムル。

退場者多過ぎますよ。
由乃の一言で疑心暗鬼に陥った雪輝が友人を殺害。本当にもう後戻りは出来ません。

秋瀬が雪輝に託した事実がどんなものなのか非常に気になります。
ホントいいところで引きますよね~

他の日記所有者が残っていない状態で残り4話?
雪輝と由乃の直接対決はあるのでしょうか?

続きが気になり過ぎて1週間が長くなりそうです。


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/6581-8b892365
http://maguni.com/index.php/trackback/1622
http://dokuatari.blog137.fc2.com/tb.php/691-9111498c
http://spadea.jugem.jp/trackback/15196
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1669-049b2b1d
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/brook0316/11192449544/77894cf3
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/gintoki-sakata-vol2/11195674380/cc6c3e2a
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1902-587be133
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1857
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/tb.php/2791-aac39f09
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201203200000/
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/5695-b8414786
http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/tb.php/5042-c22cb7f4
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52258692
スポンサーサイト