FC2ブログ

輪るピングドラム 第22話 「美しい棺」

第22話 「美しい棺」

冠葉アニキの死亡フラグが依然として消える気配が無い・・・
しかし今回撃たれたことで逆に生存の可能性も出てきたのか?

高倉家の前で何やら相談する怪しい2人組を見つけたリンゴちゃん。
陽毬を訪ねて来たダブルHの2人でした。

陽毬の編んだマフラーはちゃんと光莉とヒバリに届き、そのお礼に新曲を持ってきたようです。
しかし陽毬はもう高倉家を出た後でしたね。学校を去る陽毬を冷ややかな目で見ていた2人ですが、なんだかとってもいい子たちです。
このままいい子のまんまで陽毬と再会出来たらいいんですけどね。

陽毬がおじさんの家に行っていないと警察に情報を聞きに行った晶馬ですが、収穫なし。
もっと陽毬の気持ちを考えてやれば良かったと後悔する。晶馬っていつも気付くのが少し遅い。冠葉のところにいるのでは無いかと考えるリンゴちゃん。
今更感はありますが、晶馬はどうして気付かないって感じですね。

着々とKIGAの計画を進めていく冠葉。
もう怖がらなくていいと教えてくれたのは冠ちゃんだった・・・
自分のために命まで掛けてくれた事を見て見ぬ振りをしていた。陽毬は冠葉が自分のために危ないことをしていると気付いていたようですね。

陽毬が自分はもう死んでもいいから危ないことはしないでと訴えても行動を止める気は無いようです。
黒いテディでまた爆破テロでも仕掛けるつもりなのでしょうか?
3ちゃんがエロ本を見せても文学小説を読み漁り相手にしない1号。ペンギン’sはそれぞれ3人の分身みたいな存在ですから、今回の冠葉は本気なんでしょうね。

冠葉はサネトシからもう陽毬に薬は効かないと宣言されてしまう。起こった冠葉がサネトシの首を絞めるがその手の中からサネトシが消えた!?
まだ妹を救う方法はある。サネトシの後ろには高倉両親の姿まである。自分たちの呪いに素直に従えば陽毬を救えるというのか?

冠葉を追って開いた扉の向こうは水族館でした。
あの時死んでいれば良かった・・・神様に自分が冠葉から奪ったものを返してあげて欲しいと願う陽毬。
神への願いが聞き届けられたのか、一筋の光が陽毬を貫き倒れてしまう。
陽毬の命が消えそうになると、3ちゃんの存在も透明になっていく。倒れた陽毬を見つけて救ってくれる人物は誰なのでしょうか?

残ったデータを消すために自ら「森」へと足を運ぶ冠葉にサネトシの正体が呪いだと訴える真砂子。
冠葉たちは警察に見張られており、もう逃げ場は無いようです。覆面車両を次々と爆破していく冠葉。殺し過ぎです・・・

荻窪の味・リナちゃんで襲われた多蕗とゆり。
刺されたのはゆりを庇って刺された多蕗。犯人はゆりのかつての恋人である結城翼でした。てっきりKIGAの会かと思ったらドロドロ愛憎劇だった。
多蕗には分かったことがある・・・こどもブロイラーに送られ、失われた子供たちだった自分たちは世界中のほとんどの子供たちと同じだった。

だからたった一度でも良かった。
誰かの愛しているという言葉が、僕たちには必要だったんだ・・・

その言葉をくれたのが桃果だったんですね。だから子供が親の愛情を求めるように桃果に固執してしまった。
復讐は既に終わり、何者にもなれなかった多蕗とゆりにとって、互いが互いの何者かになれた(なれる)と感じたのかもしれません。 そうなったらいいなという自分の希望ですけど。
日記の半分をリンゴに返したと言う事はもう桃果に固執する事はなくなったと考えていいんでしょうね。
そしてこれ以上2人はキナ臭い世界に関わることは無いのでしょう。

データを破壊した冠葉は使われていない地下通路を利用して逃走を図るが、そこも待ち伏せされていました。
またピンポン弾で爆破し
陽毬は冠葉の妹ではなく、赤に他人。それでも陽毬を大切な妹といい、自ら危険を冒す冠葉を放っておけない真砂子。

真砂子が一度でいいから妹と呼んで欲しいと冠葉に告げる場面は泣けますね。
登場当時は過去の女か?みたいな感じでしたが、KIGAの会から真砂子とマリオを救い、光の下へ返した冠葉を取り戻したいという想いは本物でした。

完全に包囲されてしまった冠葉。
銃を乱射され、真砂子を守った冠葉。真砂子を家族と思う気持ちは切れていなかったようですね。

倒れた冠葉を囲むKIGAの会のメンバーですが、真砂子が投降を勧めても殺されると拒否されてしまう。

冠葉を守るために自ら囮となる真砂子。
「いやだわ、早くすり潰さないと」

ホワイトバックで立つ真砂子がかっこいいんだがどうしよう。
真砂子も陽毬も命がけで冠葉を救おうとしている。冠葉に伝わるといいんだけど。

箱に入れられている晶馬?なんだか晶馬も高倉家の実子じゃないような雰囲気まで出てきました。
残り2話でどうまとめてくるのでしょうか?目が離せませんね。


http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1404-7fa2ab94
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1853-0dbad33e
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/5512-e478ee2e
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1508
スポンサーサイト