STEINS;GATE-シュタインズ;ゲート- 第24話 「終わりと始まりのプロローグ」

第24話 「終わりと始まりのプロローグ」


参った。やられた。ここまでキレイに終わってくれてありがとうとしか言いようが無い。

15年後の自分からのメッセージを受け取り、再び立ち上がったオカリン。かっこよく中二病全開ですが、いきなり忘れ物w

どうやって自分を騙すのかと思ったら、血糊を使うというシンプルなもの。
まゆりに僅かに残るクリスの記憶。リーディングシュタイナーの力があるワケじゃない。だけど僅かでも感覚的でも覚えているというのは救いです。

オカリンと鈴羽を見送るダルが母親は誰かと気にするのがいいですね。やっぱりそれはナイショなのかw

再び同じ日、同じ時間、同じ場所へと到着。
まずは論文を救ったメタルウーパを回収。これでクリスが拾う事はなくなった。クリスに顔を見せてあの日と同じ事を繰り返す。

クリスと中鉢博士が揉め始める。自分を騙すためにここからが本番だと思ったら、血糊が固まって使い物ならないだとっ!

まさかまさか・・・中鉢博士を挑発して自分を刺させ、自らの血を使って世界を騙す。血が足りないために傷口に手を突っ込んだところとか、もう悪い意味で鳥肌立ちました。
なんて無茶しやがるんだー!バッドエンドかと思ってヒヤヒヤしました。

スタンガンで気絶させたクリスを自家製血糊の上に横たえ、最初の自分に目撃させる。

頑張れよ、これから始まるのは、人生で一番長く、一番大切な3週間だ・・・

過去の自分にエールを送り元の世界へ戻るオカリン。正確には元の世界じゃない。シュタインズゲートの向こう。オカリンが救った世界。
スクルドが成功してよかった。失敗すればまだ後悔しながら生きてくことになってたんですよね?あれは辛かったからなぁ~
オカリンにありがとうと告げ、7年後に会えるとそのまま消えた鈴羽。

病院を抜け出しラボメンにバッチを渡して歩くオカリン。全員のイニシャルが入った完成品です!

途中で中鉢博士のニュースが入る。論文は燃えてしまい、博士はただの変人扱いです。
クリスの父親という事を差し引いてもざまぁって思っちゃいますね。亡命も認められず、今まで以上に転落していくんだろうな。

ルカ子、フェイリスに会い、萌郁はブラウン管工房のバイトととして登場。
相変わらず大人しいですが、携帯を通じないと話せないということはなくなっているようです。まゆしぃと握手する姿は泣きたくなりました。

他の世界線では利用し、利用される関係だったけど、萌郁がFBの言葉に支えられていたのも事実。
この2人に接点を持たせるとか凄くニクイ演出だと思います。

クリスのことを思うオカリン。もう会えなくてもどこかで生きていてくれればいい。
世界を変え、自分を騙し、体を張って助けたクリスはもう会えなくても本当に大切な存在なんですね。このままだとちょっと切ないな思っていたら秋葉原の街ですれ違う2人!

クリスは岡部を探していたんですね。
クリスをクリスティーナと呼ぶ。クリスティーナでも助手でもない!知らないはずの記憶はちゃんとクリスの中に残っていた。

クリスにもバッチを渡すオカリン。
最終章の展開はオカリンが世界に愛されているとしか思えませんでした。

様々な犠牲を払ってたどり着いた先は皆が普通に暮らす日常。
すべての記憶を持っているのはオカリンだけかもしれないけど、所々で覚えているのが凄く嬉しいです。

最初は伏線だらけでついていくのがやっとという感じでしたが、見事な繋がりで伏線を回収してくれました。
本当に気持ちよく最終回を視聴できました。

劇場版の製作も決定したようですね。これは是非見に行かねば・・・でも田舎だから近くでやるかわかんないけど(泣

凄く頭を使って、分からないのにw考えて、救いのない展開にブルーになった事もありましたが、見事なハッピーエンドで大満足です。


http://blog.seesaa.jp/tb/225835708
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/6051-b33520dc
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1208-d989c7af
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5056-cf42e86d
http://spadea.jugem.jp/trackback/12450  
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/231-56e6c10a
http://animegm.blog.fc2.com/tb.php/497-21f666d1
http://blog.so-net.ne.jp/naruhya/2011-09-14/trackback
http://marixanzu.blog60.fc2.com/tb.php/87-779d5a8d
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/3016-9d94b07b
http://ohayoblog2.blog99.fc2.com/tb.php/148-9ef7e89e
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/tb.php/401-26c2c606
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/1159-adfc5e1b
スポンサーサイト