FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ 第11話 「祈り Prière」

第11話 「祈り Prière」

今日も湯音詣でのアリス嬢。今回はグラン・マガザンへお誘いです。アリスのお願いは出来るだけ叶えたいという湯音。
あまりの可愛さにアリスが昇天してますw

マガザンはギャルリの敵。クロードは湯音がギャルリに行くことに反対します。

いつもならさらに反論しそうなアリスですが、何か事情を知っているようであっさり退散。
聡い湯音はクロードがマガザンを嫌うのは、商売敵という理由意外に父・ジャンも関係しているのではないかとオスカーに聞いてみます。

上手くはぐらされたけど、概ね当たっているようですね。

ギャルリにはもう行きたくなくなったと言う湯音。それなら安心だと、代わりにピクニックに出掛けることに。
なんだか今日のクロード様は自分の感情ばっかだな。

あいにくの天気。しかしオスカーの魔法ですぐにお天気に。パリの雨はすぐに止むけど、湯音にとっては本当に魔法なんですね。

なくなったと思ったサンドイッチがオスカーの帽子から現れたり、すっかりオスカーの魔法に夢中の湯音。
爺さんの帽子から出てきたサンドイッチ(ぇ

魔法の水で酔っ払う?ワインでも入っていたんでしょうね;

目覚めた湯音は教会の鐘に願い事。姉・汐音の体を案じてパリの神様に願ったけど、クロードに地域限定とか言われてしまう。もうっ!

姉を思って涙を流す湯音のことを知りたいと言うクロード。

姉の汐音の瞳は生まれた時からブルーなんですね。長崎でもまだまだ閉鎖的で、汐音の瞳は忌み嫌われていたようです。

しかし湯音にとってはきれいな瞳。人の顔を見るのが辛いという汐音に湯音の顔だけ見ていればいいとおまじないを掛けた・・・

それからは目が見えない振りをして過ごしてきた汐音。湯音の体が丈夫になるにつれ、汐音は体調を崩し、本当に失明してしまった。

自分が健康になっていたのは湯音が汐音の体力を奪ったため。目が見えなくなったのは自分だけ見ていればいいと言ったから・・・
そんな後悔が湯音の中にあったんですね。

クロードは湯音のせいじゃない。失明も偶然だと言いますが、湯音には何の慰めにもなりませんね。

お姉さんは湯音の言葉が本当に嬉しかったんじゃないかと語りかけるオスカー?
湯音の言葉に本当に嬉しそうに涙を流した汐音は湯音の言葉に救われたんでしょうね。

オスカーの魔法の言葉は湯音の心を少し軽くしました。年の功もあるでしょうし、元来の社交的な性格もあるでしょう。いろいろな土地へ行き、いろいろな人に出会って、いろいろな経験をしてきたから、言葉に重みと優しさがあります。

マガザンに行くな、なんてケ○の穴の小さい事を言っている時点で完全にクロードなんて太刀打ち出来ませんね。

汐音が湯音を遠い外国へ出したのは見知らぬ土地ではなく、湯音自身を信じているから。

クロードが湯音のことを知ろうとしないのは信じているからではなく、深く知ってしまえば別れたときに耐えられないと感じたからなんですね。

別れが辛いから線を引く。クロードにはカミーユや父との別れの過去がありますからね。
出会いと別れにちょっと臆病なクロードが湯音のことを知りたいと思ったのはいい傾向だと思います。

次回で最終回ですか・・・早いですね(泣


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/6048-d79aae9b
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1206
http://nikkananilog.blog.fc2.com/tb.php/79-5ee0ef7f
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1203-69f12fe1
http://ochatsu.blog36.fc2.com/tb.php/2211-2b311ab5
スポンサーサイト