神様のメモ帳 第9話 「あの夏の二十一球」

第9話 「あの夏の二十一球」

神メモも野球回やるんですねwでも意外と面白かったです。

野球ゲームにはまった鳴海たち。

ニート御用達のゲーセンの家賃を上げると言ってきたヤクザさんはかつてメオの事件で情報をくれたネモさん。
さすがに25%UPは酷すぎますね。

ネモさんと家賃を掛けて野球勝負です。ゲーム勝負かと思ったら、リアル野球でアリスに泣きつく少佐。ネモさんとの微妙にかみ合わない会話が面白かった。

付け焼刃で特訓しますが、そんなので何とかなるんだろうか?

平坂組から四代目と電柱、岩男が助っ人に来て

四代目が怪我をしている事から錬次とやりあった後ですね。ゲームにはまってる暇なんかあったんだw

相手メンバーの情報を掴んだアリス。
元高校球児やら陸上のインターハイ出場経験者やら・・・どこでヤクザになったんだよ!スペック高過ぎるだろ。

監督はアリス。鳴海は補欠兼監督助手。ここでも助手なんだwww
サインが全く憶えられない平坂組の2人が面白すぎます。メオパパ草壁さんが審判とかキャラ再利用ハンパねぇ。

試合は一進一退でなかなかの好勝負。
高校球児だったネモさんですが、野球賭博に関わったとかで2年の夏で退部していたそうです。
この辺は詳しく描かれませんでしたが、30年前の事をいまさら掘り返しても人生やり直せるわけではないのでスルーです。

ピッチャー四代目も怪我のせいで限界。つか傷開いてんじゃねーかっ!無茶しやがって!!

NEET探偵は情報が命ですが、ネモさんが野球をやっていたのは30年も前の話で彼に関するデータがない。

データは野球ゲームの中にありました。
アリスが振り逃げでチャンスを作り、鳴海に託します。粘って粘って21球目。

鳴海のさよならホームランでニートベァーズの勝利。
ネモさんのことを憶えていてくれる人がいた。ネモさんの心が少し救われたかな?

1回きりのモブキャラかと思ったら主役の躍り出たネモさん。
いいお話でした。

ラストで彩夏の兄の話に続く。うん、いい引きだ。


スポンサーサイト