FC2ブログ

花咲くいろは 第21話 「蘇る、死ね」

第21話 「蘇る、死ね」

喜翆荘では縁と崇子の結婚話に仲居組がポカン。
女将は好きにしな、とあっさりしたもの。条件は結婚式を挙げること。

正直今の喜翆荘に縁の結婚のために持ち出すお金はない。豆爺のヒントで喜翆荘で結婚式をやるという話になる。

結婚式の料理を任された徹は民子を連れて市場へ下見に行く。
その帰り道、民子がとうとう徹が緒花のことが気になっている事に気づいてしまう。

緒花のことを語る徹はアイツには困ったもんだと口では言いながら、だから目が離せないっていうごまかしきれない気持ちが出てましたね。

菜子は縁と崇子が結婚式の事でもめているのを聞いてしまう。出来る限りのことをしたい縁と喜翆荘の経営状態を知るからこそ、指輪も要らないという崇子。

落ち込む崇子はマリッジブラウンでもブライアンでもないやいっ!www この板場の男2人はまったく笑わせてくれる。

不機嫌オーラ全開の民子。お風呂で修羅場?見えそうで見えない花いろクオリティは健在。

恋愛って程度によるけど独りよがりな部分があってもいいと思うんですよ。
自分の気持ちを相手に押し付けるのはいけないけど、自分がその人のことを好きだって気持ちは大切にしていいと思う。

民子はそこがわかってい無いと言うか、なんと言うか。いつでも徹の気持ちを優先している。徹が雲の上の人だとでも思っているんだろうか?
自分の気持ちを後回しにして、徹は緒花のことを好きなんだから、緒花が徹さんと付き合ってあげてと言う。
絶対そんなのおかしいよ。自分の好きはどこに行っちゃうんだよ。伝えてさえいない気持ちを押し殺してそれで緒花が納得できるわけ無いじゃん。

これってオムライスのゴタゴタのキャストが入れ替わっただけじゃないか?
華麗に「死ね!」が復活してしまった・・・

今まではホビロン緒花に助けられた部分があったけど、今回はそれが望めない状況。自分で何とかしなくちゃいけません。

2人の結婚式のために何かお手伝いがしたいと考えた菜子はいらなくなったカーテンでドレスを作ることにする。
それってどうなの?って感じもしますが、こういう手作り感も嫌いじゃありません。

結婚を白紙に戻したいと言い出す崇子。金銭面以上に女将に認めてもらいたかったんでしょう。
しかし女将は反対しているわけではなかった。崇子に旦那さんから貰った指輪を差し出す。

喜翆荘は代々四十万家が継いで来たものではなかったんですね。
スイさんの結婚の際に跡継ぎがいなかった旅館を任された。ほぼ自分たちが一から築き上げてきた旅館だったのでしょう。

「スイが喜ぶ」で喜翆荘。女将さん愛されすぎ~若い頃の女将美人で可愛い!
まずは自分たちが喜べなくてはお客様を喜ばす事はできない。旦那さんはそうしてずっと女将の喜ぶ事を何よりも大切にしてくれた。

結婚というのは本当の1人には絶対にならない、させないということ。深い、深いよ女将!

「縁を、あの子の喜びをよろしくお願いします」

深々と頭を下げる女将。これには泣いた。女将の凛とした態度が美しすぎます。

しかし旅館を継がせる気は無い・・・

女将は旅館を畳む気なのでしょうか?
自分たちが始めたものは自分たちで幕を引く。幕引きを他人(子供)に任せるつもりは無いのかもしれません。

息子さんと会っていたようだし、豆爺は喜翆荘を去るのかもしれませんね。喜翆荘の立ち上げから一緒に過ごしてきた豆爺がさり、息子も結婚する。
引き際のタイミングとしてはいい頃合だと感じたのかもしれません。

縁の結婚は一応クリア?民子の恋、喜翆荘の今後。どちらも気になります。


http://unmake.blog133.fc2.com/tb.php/57-a60b9c71
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/5004-d3a4a58b
http://animenogazou.blog.fc2.com/tb.php/84-40cd824f
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52169610
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5988-73d1a4cd
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/197-cf2c1fa2
http://spadea.jugem.jp/trackback/12038
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/1823-4780a1fb
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1102
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1572-514b73c6
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/tb.php/1240-8e54efa6
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1153-4809ec34
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/52208607
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/424-878301a0
http://myuvi.blog59.fc2.com/tb.php/804-9c5e30b6
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/908-23e87c7c
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/779-a4c13329
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/gintoki-sakata-vol2/10992554533/93758858
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1716-da38df6b
http://yuta526.blog26.fc2.com/tb.php/463-41d3d8b6
http://tsukataga.blog54.fc2.com/tb.php/747-382c7874
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1727-8c4d57a4
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1805-44263c0c
http://uitosou.blog136.fc2.com/tb.php/285-9b8422a5
http://blog.seesaa.jp/tb/221768247
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/2484-2a38ab63
http://diconoir.blog94.fc2.com/tb.php/89-c275f4b1
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/trackback/876669/63100985
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/303e1467bd
スポンサーサイト