fc2ブログ

No.6 第7話 「真実の嘘・虚構の真実」

第7話 「真実の嘘・虚構の真実」

紫苑には何も告げず、矯正施設に送られた沙布を助け出そうとするネズミ。

ネズミはイヌカシに情報収集を依頼するが断られる。

「もう係わり合いはなしにしよう。俺はお前に二度と仕事を依頼しない。お前もどんなに苦しくても俺を呼ぶな」

死を恐れるイヌカシにどんなに苦しんでも助けないと言い放つネズミ。これにビビッたイヌカシは仕事を引き受ける。
交渉術でもネズミの方が一枚上手です。紫苑を心配したりして、イヌカシも優しい子ですね。

沙布を捜す火藍ですが、No.6のデータベースから沙布の情報は削除されている。
落ち込む火藍に話しかけてくる老婆。No.6を理想郷だと語る老婆に意義を唱えようとした火藍を迎えに来たのは楊眠。

楊眠は老婆が当局の人間かもしれないと火藍が下手な事を口にする前に止めに入ったわけです。当局恐るべし。
No.6は理想郷でなくてはならない。当局が必死になって反乱分子や危険思想を持つ人間を排除するのは真の姿が理想郷では無いということ。
なんたるディストピア~
楊眠もNo.6の姿に疑問を持つ人間のようですね。面白くなってきたぁ!

力河に連れられて入った洋品店で沙布のコートを見つけた紫苑。イヌカシのところに仕入先を聞きにきたという。
紫苑が何をしようと関係ないと言うネズミ。イヌカシはネズミが何も知らないと思って1人で矯正施設に向かうと助言。イヌカシも紫苑のことが心配なんですよね。

ネズミが戻ると普段より贅沢な食事を用意して待っていた紫苑。何も知らない振りをして沙布の話題を出すネズミ。

ネズミと出会って自分にいろんな感情があることが分かった。わかった事が誇らしいと言う紫苑。

「君に出会えて良かった」

え? (・∀・)!!

「感謝のキス・・・じゃないよな」 「おやすみのキス」

はい、ガッツリ頂きました!ありがとうございました!
本当はお別れの・・・だよね。

1人西ブロックを去ろうとする紫苑を殴って止めるネズミ。矯正施設のことはイヌカシに調べさせている・・・ 隠していた火藍からの手紙も見せる。
隠し事をしていたネズミに怒りを露にする紫苑。

しかしネズミは4年前に紫苑に助けられた事、人が人によって救われる事を知り、その感謝と希望の想いを捨てずに持ち続けていた事を吐露。
初めて自分が紫苑をどう思っているか話したネズミにもう言う事なんてありませんね。

互いに嘘をつかないこと、隠し事をしないことを朝焼けに誓う・・・

No.6の内でも外でもNo.6のやり方に疑問を持つ人間が動き出しそうです。
決戦前夜じゃないけど、今回は嵐の前の静けさって感じです。話がすごく面白くなってきた。
ベーコンレタスのご褒美も頂いたし満足だわ。

サンプルって言われてたけど、沙布ってどうなっちゃったの?ポッドみたいなところに入れられてました。
この時点でもう沙布が外に出られる日は無いんじゃないかと不安になります。
やっと話が進んできた。次回が待ち遠しいですw


http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1712-6627ac7f
http://animegm.blog.fc2.com/tb.php/393-90ca9bf4
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201108190000/
スポンサーサイト