FC2ブログ

STEINS;GATE -シュタインズ・ゲート- 第15話 「亡環上のネクローシス」

第15話 「亡環上のネクローシス」

自分がジョン・タイターだと名乗った鈴羽。

鈴羽は2036年からタイムマシンでやって来た。鈴羽の世界はSERNが管理・統治したディストピア。
完璧な管理により、パッと見は平和な世界だが、反抗するヤツは即粛清。恐怖支配だな。

鈴羽はSERNに反旗を翻すレジスタンスのメンバーであり、未来を変えるために父の残したタイムマシンでこの時代にやって来たらしい。
初見からクリスに敵意を向けていたのはクリスがタイムマシン開発に大きく貢献し、タイムマシンの母と呼ばれていたから。
クリスが何故タイムマシン開発に携わることになったかは不明。でもどんな形であれ、α世界線にいる間はその事実は変えられないんだろう。

岡部はテロリストとして有名になっているが、2036年の時点では死亡しているという。

世界を救う。そんな大きな目的で過去に飛んだ鈴羽だが、本来の目的は1975年に行き、IBN5100を手に入れること。
SERNは通信を傍受してタイムマシン関係の情報を集めていた。その中で岡部が最初に送ったDメールが引っ掛かったらしい。1話の世界線の移動が全ての始まりだったんだ。
まぁよくもあんな短文からタイムマシンにまでこぎ付けたもんだ。SERNさんマジパネェっす。

鈴羽はSERNのデータベースからDメールの情報を消去するためにIBN5100を必要としていた。IBN5100のプログラム言語が無いとSERNの情報を解析できませんからね。
しかし肝心のタイムマシンは先日の雷雨で故障していた。

SERNに情報が届かない(消す)という事は世界線が大きく変わるということ。一気にβ世界線に行けるのか?
警備員に見つかった!ここでオカリンが久しぶりに厨二全開!鳳凰院凶真モードフルパワーで警備員を引き付ける。オカリン戻ってきたー!lって感じ。

逃げるわよと手を出したクリスの手を取ることを躊躇う鈴羽に
「未来じゃどうだったか知らないけど、今の私はあなたと同じラボメンなのよ!」ってクリスかっこいいなぁ~

タイムマシンを修理するために再びタイムリープで最大限過去へ飛ぶ(でも2日)
βに移行するとまゆりは死ななくて済む。岡部はその希望を持ってラボメンを召集する。

今回ダルがめちゃめちゃかっこ良かった!
フェイリスたんとの1日デートや、1975年からラジカルオミットちゃんのセル画持って帰って来てとかヲタ自重しれ!な部分も残しつつ、オカリンの真剣さにタイムマ思惟の修理を始める。

構造が電話レンジ(仮)に似ている。
ダルと鈴羽はお似合い。

いい伏線が立ってるなぁ~
しかし父の顔もレジスタンスを立ち上げた岡部の顔も知らない。オカリンもダルも相当ヤバイ状況で生きていたことが想像できます。

まゆしぃは大切なことを思い出す。それは鈴羽の父親捜し。本当はタイムマシンの修理やタイムリープマシンの完成に全力を注ぎたい岡部はまゆりの願いを聞き入れる。

ラボメンは仲間であり、仲間が困っていたら助ける。オカリンはやっぱり優しい。
でもまゆしぃの奇策(?)でバレル・タイターさん誘拐犯にされちゃったwww

バレル・タイターの残した唯一の手掛かりであるピンバッチ
『OSHM***A 2010』ラボメンのイニシャルかな?*の部分は萌郁、ルカ子、フェイリスとか?

ピンバッチを頼りに聞き込みをする岡部たち。外国人の露天商に訊ねるが見たことがないという。
バッチの男を見つけたと露天商から岡部に連絡が入り、駆け出すオカリン。
罠フラグを感じて仕方が無いんですが・・・

ディストピアとSERN、α世界線の収束する先が一気に明かされ、ますます面白くなってきた。

ダイバージェンスメーターの示す数値が1%を超えればβ世界線への移行が確認できる。製作者である岡部にメーターを託す鈴羽。

僅かな時間でもラボメンになれて、岡部たちと一緒にいられて良かったと話す鈴羽。
なんか死亡フラグっぽくて怖いんですけど・・・タイムマシンは完成したといっても使うことでリスクが伴うんでしょうか?
鈴羽の言葉ひとつひとつが二度と会えないことを覚悟しているようで切ないです。確かに違う時代の人間ですから、仕方ないかもしれませんが未来で会うという希望は捨てて欲しくないですね。


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5855-8f9e7d26
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1061-9f027885
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2933-3441f406
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/3f79f77c26
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/d2ceb16201
http://blog.so-net.ne.jp/naruhya/2011-07-13/trackback
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/152-0127d9dd
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/clover_1218/3903063
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/2538-600ebc92
http://spadea.jugem.jp/trackback/11507
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/804-6fbc88d7
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/2439-54ae49cf
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1515-235df276
http://ohayoblog2.blog99.fc2.com/tb.php/141-0ac6279f
スポンサーサイト