FC2ブログ

GOSICK -ゴシック- 第24話 「死神の肩越しに永遠をみる」

第24話 「死神の肩越しに永遠をみる」

世界情勢が知恵に泉で何とかなるレベルを超え、推理の部分はもう影も形もありませんね。

生きること、生き抜くこと。そして互いの一番大切な人に再び出会う。
兎にも角にも落ち着くところに落ち着いた。それが救い。

ロスコーの片割れに殺されかけるヴィクトリカ。プライドも何もかなぐり捨てて命乞い。多くの死を見てきたヴィクトリカも、手に入れたものを失う恐怖に怯える。
それほどまでに久城は心の支えであり、もう一度会いたいと願う気持ちが強いのですよ。

ロスコーもまた名もなき村を追われたんですね。他の血が混じっているからって村から追い出すとは、相変わらず排他的過ぎます。
村を追われ、望まぬ子を産まされたコルデリアは、それでもヴィクトリカを守るために生きた。それがロスコーには理想の母に映ったということですか。

結局ブロア侯爵と刺し違えたコルデリアは炎に沈んだようです。付き従ったロスコーもまたコルデリアと運命を共にした。
コルデリアを1人の女性として愛したブライアン・ロスコーとそこに自分が手に出来なかった母性を求めたブライアン・ロスコー。
形は違えど、どちらもコルデリアを愛したことに変わりはないね。

コルデリアもロスコーも残念な結末ではありましたが、満足のゆくまでやり遂げて生きたと思いたいですね。

グレヴィールが活躍した?ヴィクトリカに直接声を掛けないのは今に始まったことじゃない。ブライアンにヴィクトリカへの伝言を頼む。隣にいますけどねw
「逃げると決めたのなら、どこまでも逃げ延びてみせろ。そのモンストル・シャルマンの頭脳を使って」
久城を介して話していた事がこういう風に効いてきたか。ドリル警部の精一杯の励ましと見逃し。

見逃したのは評価するけど、それ以上は何の手助けも出来なかったね。現状はとにかく逃がすことが最優先。地味だけどいい働きでした。

怪我をしたロスコーはヴィクトリカの看病の甲斐もなく死亡。1人になってしまったヴィクトリカの支えは最早久城に貰ったペンダントだけか。
過酷な状況にヴィクトリカの金髪は銀色に変わってしまった。そのおかげで手配から逃れることが出来たけど、悲しい。
ロジェから渡されたのは久城からの手紙。追放された割にちょこちょこ出てくるおっさんwww

久城の生きて帰るんだー的な心象風景はいいや。なんか死んだっぽい描写だったけどさらっと流された感じだし。

サクサクと戦争後の後日談。ちょっと待て、待て!ルイジが超かっこよくなってるんですけど?時の流れを感じますね。
ドリル警部がドリルじゃない?ドリルをかき上げるくせは直ってないようですが、ヴィクトリカへの借りを返したということですね。

名のなき村から久城たちと出ていたアンブローズが元気そう。随分と前だと思ったら7,8話だったのね。そりゃあ一瞬誰?ってなりますわ。
村長はちょこちょこ出てたから忘れてませんよ。

ロジェは国王に殺されたココ王妃が実はメイドだったとネタばらし。今さらなんで?って感じです。これで国王の心は多少軽くなるんだろうけど、そりゃ違うと思うわ。
替え玉だろうと何だろうと国王が王妃を殺そうとした事実は変わらないだろう。事実メイドは殺してるわけだし・・・
ココ王妃の身を案じて変わりに殺されたメイドと国王の愛を同列に並べるのは変な気がする。

裏切り者とまで罵った相手にも救いを求める国王がダメ過ぎる。あまりにダメ過ぎてロジェは残りそうです。

戦地からの帰還兵を乗せた船から待ち人現る。久城姉に連れられているのはヴィクトリカですね。ヴィクトリカのモンペとか誰得?

真っ直ぐにヴィクトリカの元へやって来た青年。久城一弥は一回り大きくなって少年から大人に変わっていましたね。
コルデリアの魂(知恵の泉)を使って日本までやって来たヴィクトリカは久城家を見つけ出し、保護されていた。
戦時中に外国人がやって来て保護するなんて考えられませんが、ソヴィールでの手紙のやり取りと、ヴィクトリカ宛ての手紙が信頼で繋がったのでしょう。

戦争に行っても何も変わっていない久城。ヴィクトリカにとっての心臓が戻ってきた。
再開した2人はもうこの手を離さないと誓って終幕。

う~ん、なんとなく最後も駆け足。推理はどこかに行ってしまい、ヴィクトリカと久城の絆の話になってましたね。
他キャラの後日談が入ったのはいい感じ。アブリルは波にまで報われないのかwww

かなり端折られた部分と駆け足な部分もありましたが、ヴィクトリカ可愛い!やっぱりそこに落ち着くのか自分www
最後はちょっと強引な印象が無くもないが、二人が予言を跳ね返し、再会できたので満足です。

スタッフ、キャストのみなさま、お疲れ様でした。
ここまで読んでくださってありがとうございます。GOSICKの感想はこの辺で失礼します。

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1667-cc01430a
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5813-8aa6c3cb
http://blog.so-net.ne.jp/naruhya/2011-07-02/trackback
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1039-94ed9ba1
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52153224
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/784-07c68fcb
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/941
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/tb.php/1109-eff76efb
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/1603-a1f4ce8a
http://kenohito.blog67.fc2.com/tb.php/1094-d55ebc6a
http://spadea.jugem.jp/trackback/11380
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/trackback/876669/62955380
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/c019f44163
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/1076-565f86e3
スポンサーサイト