FC2ブログ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話 「あの夏に咲く花」

第11話 「あの夏に咲く花」


花火は無事に打ち上げられてのにめんまは消えなかった。めんまの願いは違ったのか?


みんなは心からめんまの成仏を願っていたのか?
それぞれの思い。ぞれぞれの理由。


あなるはめんまを見ているじんたんを見ているのが辛い。
ゆきあつはじんたんにだけめんまが見えることに嫉妬し、つるこはめんまの願いが叶っても自分はゆきあつの隣りには立てないと感じていた。

ぽっぽはめんまが流されていくのを見てしまっていたんですね。子供でなくてもこれは辛い。見ていることしか出来なかった自分を責めていたんですね。
だから誰よりもめんまの成仏に積極的でした。成仏が死者の進むべき道ならば、その理に沿わせてやりたい。
めんまの死は事故であり、誰のせいでもありません。しかしめんまとその死が残したものは大きかった。


じんたんはめんまを失ったことで心に大きな傷を負ったのは自分だけじゃなかったと改めて気付いた。
めんまは自分のところに現れたけれど、超平和バスターズ全員のことを思っていることも心から理解しました。


冷静にあなるにまつ毛が二つあると指摘するじんたん。きっと周りがめんまに対する思いをぶちまけたことで逆に冷静になれたんだと思います。
めんまが見えることで常にめんまの願いを叶えることの中心にいたじんたんが、初めて今の状況を外から見たことで気付けたのでしょう。


今度こそめんまを成仏させる。
いつのまにかあだ名で呼び合うことに戻っていた。ゆきあつはじんたんをリーダーと頼った。本当の意味で超平和バスターズ再始動ですね
。この辺から涙腺決壊ですよ。

秘密基地で合流。しかしめんまの願いはもう叶っていました。家に戻ったじんたんは消えかけているめんまを見つけます。


めんまの願いはじんたんを泣かせること。
母親が入院して以来泣かなくなったじんたんを心配した塔子さんの言葉がきっかけでした。
子供心に寂しさを隠し、泣くことを辞めてしまったのでしょう。親としては子供は子供らしく、寂しければ泣いてくれたほうが良かった。我慢している息子を見ているのは辛かったんでしょうね。


めんまの願いはやはり塔子さんの願いとイコール。でもじんたんが泣いてからもめんまが留まっていたのはめんま自身の願いが超平和バスターズが元に戻ることだったと思います。


花火が願いの終着点ではなく、その課程で超平和バスターズはひとつになった。それを見届けためんまに留まる時間は残されていない。


秘密基地にめんまを連れてきたが、じんたんにもめんまの姿は見えなくなっていました。
必死にめんまを捜すバスターズ。


震える文字で書かれためんまの手紙。だいすきです。みんなが大好き。じんたんにはもっと特別の大好き。
別れは片方だけがするものではない。


最後に全員に姿を見せることが出来た奇跡。ちゃんと姿を見て、言葉を交わしてお別れが出来た。
もっとみんなと一緒にいたい、もっと遊びたい。だから生まれ変わる。
悲しい別れじゃない。また会うためのお別れです。うう、思い出すだけで涙が・・・


ラストにOP。その後の超平和バスターズ。じんたんは学校に通い始める。あのビッチさんたちも実は全力でいい子でしたね。あなるをじんたんから守ろうとしている姿は勘違いだけど微笑ましい。
ゆきあつは一生つるこには頭が上がらないでしょう。つるこも吹っ切れたみたいで良かった。ぽっぽも夢を叶えるために猛勉強ですか。


悩んで迷って、すれ違って、転んでその先にあったのは人を思いやる気持ち。それに気付き先に進んでいけるようになった超平和バスターズはもう揺らぐことは無いでしょう。


本当にステキな作品に出会えてよかった。
ありがとうございました。



http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52152053
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5788-58666d0e
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1486-2464d77f
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/130-0354c027
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/clover_1218/3701904
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/gintoki-sakata-vol2/10932470795/8ad16e33
http://maguni.com/index.php/trackback/1408
http://blog.seesaa.jp/tb/211568529
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/tb.php/1092-87b7d3a4
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/86/8bced899/trackback
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/915
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1653-68c32390
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1017-b5d058ae
http://strawcat.blog12.fc2.com/tb.php/3093-82d21e38
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/489-7378548d
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/1573-0e0f6565
http://spadea.jugem.jp/trackback/11290
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/trackback/876669/62931187
http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/5207-16df7164
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/6ca762e217
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/bac8fe1b1b
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/0abc625ba6
http://oozoraxx.blog134.fc2.com/tb.php/592-ee2d4c92
http://ego.mangalog.com/TrackBack/2/
スポンサーサイト