FC2ブログ

STEINS;GATE -シュタインズ・ゲート- 第12話 「静止限界のドグマ」

第12話 「静止限界のドグマ」


衝撃のラストに言葉が・・・

7000万年前の世界。たくさんの世界線を渡ってオカリンを追いかけて探してきたというまゆしぃ。
いきなりなんぞ?な世界観。ここで死んでも7000万年後の秋葉原にまで意思は連続していく。
様々な世界線を意思が渡って繋がっていくという事でしょうか?体は世界線ごとに存在して朽ちていったとしても意思は繋がっていくということですか?

ついにタイムリープマシンが完成。難しい理論はワカラン・・・orz。ので完成して記憶が送れるようになった事だけ理解。
しかし送るのが人の記憶だけに、証明するには人体実験しかない。

ゲル化する危険性が無いとも言えないし、岡部のところには脅迫メールも届いていて、最早ラボだけの問題を超越しています。

実験の決断は岡部に託される・・・岡部は実験はしないと決断し、タイムリープマシンの完成を発表し、然るべき機関に引き取ってもらうと提案する。
自分の興味ではなく、周りへの影響を考慮して実験の中止を決断した。オカリンはただの探求者ではなく、正常な判断ができる優しい人ですね。

とろこどころで見せてきたオカリンの優しさが、クリスとの会話でも炸裂。ラボメンが抱えている問題は全部解決してやるという優しさを見せました。
素直に礼を言うクリスにオカリンも戸惑う。この2人の会話は本当に可愛いですね。以前、たまにいいヤツだから困る、と言ったようにクリスにはオカリンの優しさが伝わっているようです。

鈴羽は相変わらずクリスに敵意剥き出しです。オカリンが仲裁に入りますが、全く役に立たない。
ケンカは嫌いなのです。というまゆしぃの一言でその場はなんとか収まります。

鈴羽は多分未来、もしくは他の世界線のクリスを知っていて、その世界ではクリスがSERN側の人間なんでしょう。だからと言って初見から何も言わず敵意剥き出しでは何も分かりません。
鈴羽が何も言わないのは、言わないのではなく言えない理由があるのでしょうか?

春には寂しそうだったオカリンもラボメンが増え、今は寂しそうでなくなった。
だからもうまゆしぃは人質じゃなくても良くなった・・・すごく嫌な予感しかしませんでした。

まゆしぃはオカリンの厨二設定に合わせ“人質”という言葉を使っていたんでしょうか?
自分が捕らわれていると見せかけて、実はまゆしぃがオカリンを見守っていたんですね。

電車爆破テロ予告のニュースが流れる。
何かに気付いた鈴羽は一人でラボを後にします。その直後、ラボに侵入してきたマスクの人物たち。

萌郁がSERN側の人間でした。IBN5100を探していたり、タイムマシンに異常に興味を持っていたりと、元々怪しかったのでその点の衝撃は少なかったのですが、まさかまゆしぃを撃つとは思いませんでした。

オカリンが壊れそうで怖い。まゆしぃのためなら真のマッドサイエンティストに成りかねません。
まゆしぃを失ったオカリンはタイムリープマシンを使ってまゆりが死なない世界線への移動を試みるように思います。
まゆしぃは岡部にとって唯一無二の存在。それは幼馴染とか恋愛対象とかよりももっと深い部分で繋がっている。上手く言えませんがそんな気がします。

SERNはまゆしぃ以外は連行するつもりのようです。これがディストピアの始まりなのでしょう。
オカリンはまゆしぃを取り戻し、ディストピアを止められるのか?
いいところで引きましたね。次回が気になるぅぅぅ!


http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5786-18f154fe
http://rabiko.blog13.fc2.com/tb.php/2531-fc512ba4
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/clover_1218/3680645
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/129-ac1b0427
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/e4cba55b40
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2905-e1e3fa87
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/eab2df7fef
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/tb.php/1015-3fab6e87
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1485-9deb9319
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/4876-3419f907
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/924-f3c5fb26
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/1051-e483bff6
スポンサーサイト