FC2ブログ

魔法少女まどか☆マギカ 第9話 「そんなの、あたしが許さない」

第9話 「そんなの、あたしが許さない」

ソウルジェムがグリーフシードへと変化してしまったさやかは魔女へと堕ちてしまいます。

魔女はさやかの魂が具現化した姿。
ジェムに魂が移されたという説明があったにもかかわらず、落ちてゆくさやかの体を見た時はどうして?と思いました。
これは魂の抜けたかつてのさやかの入れ物に過ぎなくなったものですが、やはり自分の中に

――肉体と魂は同じ場所に、魂は体の中にある――

という考えがあり、違和感を感じさせるんでしょうね。

ほむらが語る魔法少女の最後の真実。
ジェムが黒くにごりきった時、魔法少女は魔女へと変化する。

たった一つの祈りを手に入れた代価としてそれに見合う呪いを受け入れただけのこと。
願いが叶った代償が呪いというのもやりきれないですが、そう簡単に願いが叶うはずもありません。

ソウルジェムとグリーフシードは持つ者の魂の在り様でその性質を変えるということなんでしょうか。
元は同じものと考えても良さそうです。

ジェムの穢れをグリーフシードが吸い取り、穢れを溜めたグリーフシードは魔女を生み出す。
魔法少女は魔女を生み出すための道具として存在しているという残酷な事実です。

キュゥべぇの目的は宇宙を延命させること(本人談)
宇宙にひしめく様々な文明は膨大なエネルギーを消費し、エネルギー変換にはロスが生じ、そのロスの分だけ宇宙全体のエネルギーは目減りしていく・・・

それを補完をするために人の感情をエネルギーに変換する術を見つけ出したインキュベーターは人間の少女を魔法少女へ、そして魔女へと変える契約を持ちかけているということらしい。

特に第二次性徴期の少女の希望が絶望へと変わる時の感情のエネルギー量は、その人が生きてきた経験や感情よりも膨大だと言う。
希望が絶望に変わり、少女の絶望が誰かの希望(この場合はキュゥべぇの目的)へと変わる。

この話にまどかは納得しません。出来るはずがありません。
全を守るために個を斬り捨てるやり方です。
長い宇宙の歴史などというものから見ればほんの些細なことかもしれません。
しかし人間には感情があり、身近な親しい人が犠牲になるのを目の当たりにして「尊い犠牲」などという言葉片付けられるはずもないのです。

しかしキュゥべぇ(たち)には感情というものがないために、それを理解することは出来ない。
ここに人とインキュベーターの決定的な違いがあるのでしょう。

「この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声を掛けて、待ってるからね!」
待つな!!!

あくまでも目的のためにシステマティックに行動するキュゥべぇ。
しかし目減りするエネルギーを補完するために少女と契約していますが、奇跡と呼べるほどの願いを叶えるエネルギーを使うことは構わないのでしょうか?
費用対効果を考えた時に、個の願いのために使う分、もしくはそれ以上は回収可能ということなんですかね?


杏子はさやかの遺体を持ち帰り、さやかのジェムを取り戻す方法が無いか考えます。
キュゥべぇは前例が無いから分からないとだけ答えます。

杏子はまどかを伴い、魔女となってしまったさやかの元へ向かいます。

いくら頑張ってもまどかの声も、杏子の想いもさやかには届かない・・・
神に祈る杏子の声が切実で切ない。

杏子はほむらにまどかを託し、さやかに対し最後の切り札のようなものを使います。
(髪の中から取り出したのは何だったんでしょう?)
ソウルジェムのようですが、魔法少女になった時はあのように形が変わるんでしょうか?

1人は寂しいもんな、一緒にいてやるよ・・・

もうさやかを取り戻すことは出来ない。その時杏子はさやかを1人にしないと覚悟を決めたんですね。
そして1人が寂しかったのは杏子も同じだった。

前々回から杏子の死亡フラグにはヒヤヒヤさせられていましたが、とうとう・・・といった感じでした。
同じように他人のために願い、同じように上手くいかなかったさやかと杏子。

杏子のさやかへの想いはとても情が深く、涙が出てきます。
戦闘中の赤と青のシルエットも杏子の慈愛が強く感じられました。
せめて2人が同じ場所に・・・と願います。

さやかも杏子も失い、ワルプルギスの夜に対抗できる魔法少女はほむら1人になってしまいました。
まどかが魔法少女にならなければワルプルギスを倒すことは出来ないのでしょうか?

ほむらにはさやかのジェムを取り戻すことなど出来ないとあっさり語ったキュゥべぇ、マジ黒すぎ。
これもまどかを魔法少女に引き込むため、邪魔者のほむらを追い込むために杏子に真実を伝えなかったとしか思えません。
悪徳インキュベーターめっ!


http://cristal1102.blog84.fc2.com/tb.php/601-f7c44d16
http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/5435-bc09013f
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1304-5ec52662
http://innamiblog.blog28.fc2.com/tb.php/32-4bac9bd4
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansaianime/51751195
http://reilove.blog51.fc2.com/tb.php/4762-40468ac3
http://spadea.jugem.jp/trackback/10055
http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3569-3f13cd1e
http://kaz.anime-life.com/TrackBack/143/
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/292-cfac4edf
http://zinlight.blog41.fc2.com/tb.php/385-49aa5ab1
http://blog.seesaa.jp/tb/188825613
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1362-99348a4d
http://sukothi55.blog71.fc2.com/tb.php/122-9cf28e49
http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/854-338db108
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/katsux2/51700309
http://nontananime.blog33.fc2.com/tb.php/292-6697f7d0
http://arpus.blog121.fc2.com/tb.php/1505-092a376a
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/829-c783617c
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/139-13f039d5
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/tb.php/4620-9216b263
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/azeaniblog/10820069338/6fe5c577
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e8c541b6e0fde92ab695dacc21c2a4bb/73
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/09b7991ef9
http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/645-aa0ddb7d
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/1231-d83098dd
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/tb.php/850-ae6c3f7d
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/m_yossy_m/52101045
http://shirousausa.blog106.fc2.com/tb.php/287-af290820
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/99952f1769
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nylon66/51619027
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/598
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51705978
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1973437
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/39099416
http://hibikidgs.blog.fc2.com/tb.php/590-64564d50
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201103050001/6c8e4/
http://marron03.blog130.fc2.com/tb.php/201-8cacf00d
http://e102128.blog54.fc2.com/tb.php/1675-9fed4b15
スポンサーサイト