FC2ブログ

咎狗の血 第12話 「同至/beginning」

咎狗の血 第12話 「同至/beginning」

【あらすじ】
数多の人を翻弄し、命を奪った悪魔の研究“Project:Nicole”。
その結晶というべき存在“n(ナノ)”と、彼の対となる存在“アキラ”。2人を巡って流された血は、今、トシマを赤く染め上げていた。
大切な人を失い、突き刺すような胸の痛みを抱えながらも、アキラは抗う。
──己に課せられた血の運命に。

仕事が忙しくて感想おサボリしている間に最終話。

なんとも言えない・・・
やはりBLゲーという看板は取っ払ってバトルモノって感じですか?

ケイアキかと思えば、リンやナノにもフラグが立ち、急加速しましたねぇ。
エマの退場の早かったこと早かったことwww

いきなりケイスケは斬られてこっちも退場で混戦状態です・・・

シキティはナノの血を取り込んで覚醒しちゃうし、シキとナノのバトルは最早DBの域ですwww

シキは戦うことに固執し、アキラに自分と同類の匂いを感じます。
だからアキラのことを一思いに殺さなかったのか?という捉え方にしておきましょう。

アキラに襲い掛かるシキとの間に入ったのはリン。
しかしリンが覚醒シキティに敵うはずがなく、シキに太ももを刺されてしまう。
異母とは言え兄弟だからか一気にカタを付けないんですかね。
まさかじわじわと・・・?シキ様怖い(考えすぎwww)

結局アキラとリンはナノと内戦の爆撃に救われる形でシキから逃げることが出来たが、シキは兵士たちに囲まれる。

いくら訓練を積んだからと言って一般兵が武器を持ったって今のシキ様の敵でなく、逆に殲滅されて終了。

一緒に行こうというアキラに対し 何色にも染まるなと言い残し、去ってしまったナノ。

シキとの決着を付けに行ったのか、死に場所を求めたのか。ナノが生きているのか死んでしまったかの描写が曖昧でした。多分雪に埋もれてしまったんだろうなぁ。

源泉と合流したアキラとリン。
リンの怪我を見て自分のシャツを破って手当てする源泉。

まぁここは全力で一家言もの申したい!
なんでここでおいちゃんの乳首出したし!(しかも毛って・・・)
リンの不自然に破けた服も気になったさ。どうしてここでリンの乳首必要か!とね。

こういうところで無駄にBLっぽい要素を挟む必要性が全くないんだけど。
肌色率が高けりゃなんでもいいってモンじゃないのよ・・・スタッフ全然分かってない(プンスカ

日興連に逃げ延びたアキラ、リン、源泉。
内戦も終わりアキラは平和で平凡な日々を過ごしていた。

リンはアキラに自分(リン)を決して裏切らないという言葉を再確認。
源泉はトシマに新たなラインが出回っていることを話す・・・

せっかく手に入れた平和の中で時折感じるトシマでの出来事。
トシマでの経験、ケイスケの死がアキラの生きる意味を変えた・・・

シキに言われた『血が戦いを求める』という言葉の通りか、アキラ自身が語るようにトシマでの出来事、自分の血に決着を付けるためか、シキに戦いを挑むアキラ。

薔薇色に染まれーーーっ!

2人が刃を交えたところで終了・・・

なんじゃそら?www
何も解決してないけど、まぁいろんなEDが混ざった感じですね。消化不良感は否めません。

Cパートで入院してた人は誰ですか?www
まさかこんなにヒドイというか悪い意味で裏切られるとは思いませんでした。
ええ、特に作画的な意味で。

あれは無いです。酷すぎます。

アニメ化の話を知ったときは『BLどうすんだろう?』と期待半分、不安半分でした。
それでもやはり原作が好きなので期待していましたが・・・ここまでヒドイとは思いませんでした。

作画の荒れ方は特に酷かった。
ストーリーも前半はなにやらグダグダしていて、後半急加速で視聴者ポカン状態。

正直、残念な作品でした。
毎回変わるエンディングは良かったです。ニトキラ作品は音楽がいいので、そこは期待を裏切られませんでした。
サントラなら欲しいです。BD、DVDは作画修正に期待しています。
スポンサーサイト